キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

即日融資でのキャッシング審査のポイントとは~年収、勤務先、勤続年数など

正規社員でなくても消費者金融から借り入れができます

日常生活を送っていく中で、ふとしたときに金欠になってしまったときに、助けてくれる存在となるものにキャッシングがあります。

ひと昔前までのイメージでは、キャッシングを利用して即日融資を受けるためには、正社員でなければならないと考えられていましたが、最近では一定の収入があれば借り入れができるので、契約社員やパート、アルバイトの人でも利用することが可能です。ただし、どのような状況の人であってもキャッシングの申込みをすれば、それだけで融資が受けられるというわけではなく、審査に通過する必要があります。

消費者金融から借り入れをするための条件としては、毎月の安定した収入があることが条件になっているところが多いですので、収入を得ていない人の場合にはパートやアルバイトを始めて、一定の収入を得ていれば融資を受けることは可能です。

アルバイトを始めることで、消費者金融から借り入れをしたいと考えている人にとっての注意点としては、確認される項目の1つである勤続年数の問題が発生します。

スポンサーリンク

借り入れするには勤続年数が大切

キャシングを利用したいときに、申込みをすることになりますが、その際の審査では年齢や収入の他に、勤続年数や勤務先の情報などを記載する必要があります。勤続年数が長い人ほど、安定した収入を得ていることの証明になりますので、審査が通過しやすいと言えます。

多くの消費者金融の審査では、コンピューターを導入して利用者の情報をスコアリング化して融資の可否を判断していますので、同じ会社に長く勤務している人のほうが信頼性が高くなり、転職が多い人のほうが評価が低くなります。

また、消費者金融では貸金業法に基づいて融資事業を行っているために、法律で定められている総量規制の制限を守る必要があり、利用者の年収3分の1までの範囲内でしか融資は実行できないことも把握しておくようにしましょう。

アルバイトを最近開始した人にとっては、勤続年数の面において不利な条件となってしまいますので、いくつかの消費者金融の中から、審査で勤続年数を重視していない業者を選択することがおすすめです。

勤続年数以外で大切なポイントは年収です

大手の消費者金融としてアイフルやアコムが人気がありますが、これらの業者であれば勤続年数が重視されないと言われています。従って、最近アルバイトを開始した人にとっては、アイフルやアコム、アイフルのキャシングを利用することがおすすめとなります。

総量規制の適用を受けない種類の金融業者としては、銀行カードローンを挙げることができますが、銀行の場合には勤続年数が重視される可能性がありますのでおすすめできません。大切なポイントは金融業者によって、重視している点が異なるということです。

勤続年数の他に大切な点として挙げられるものは、年収であるということが可能で、年収が少ないことは借り入れ可能な金額が少なくなるということと直結します。多くのお金を借りることを希望しているときには、年収が多いほうが有利となります。必要なお金が5万円ほどの少額であれば、年収が少ないことは大きな問題にはなりません。

少額の融資を希望していれば、収入証明書の提出が不要になる業者も多いですので、手続きの面で手軽に行えるというメリットもあります。

スポンサーリンク

お金を借りる銀行の選び方~大垣共立銀行カードローンは積極的な融資活動をしてる


スポンサーリンク

過去の利用履歴と審査への影響

現在日本には3つの信用情報機関があります。全国銀行個人信用情報センター、株式会社CIC、日本信用情報機構の3つです。それぞれ会員となっている金融機関が違うため、全ての情報が同じところに集約されているわけではありません。名前から分かるように、銀行での信用情報は全国銀行個人信用情報センターに蓄積されています。
 
しかし近年では互いに情報提携するようになり、情報の共有化が進んでいます。以前は消費者金融で事故を起こしていても銀行の審査に通るようなことがありましたが、現在ではどこかで事故を起こしたら全てわかってしまうようになっています。過去に延滞をしているような場合、銀行の厳しい審査に影響を与えることがあります。
 
お金を借りるからには返済は必ず期日を守って行うようにしましょう。一度信用情報にデータが残ってしまうと数年間はデータが消えないため、長期に渡って契約関係で不利になることがあります。契約ができたとしても、金利が高く設定されてしまうこともあります。
 
 

地方銀行でのカードローン

カードローンは様々な金融機関が発行しています。消費者金融と銀行で大きく違っていますが、銀行カードローンでも地銀やメガバンクなどで商品内容が違っています。最大金利や最大利用限度額の設定が違うため、たくさん借りたい場合はカードの仕様で上限が高くなっているところを選ぶと良いでしょう。
 
銀行によって収入証明の提出が必要になる金額も違っています。50万円で必要になるところもあれば300万円まで不要のところもあります。ただし他社に借入がある場合は証明書を求められることがあるので、予め用意しておいたほうが契約がスムーズに進みます。
 
申し込み時に他社の借入件数と金額を誤った数字で記入していると、審査で不利になることがあります。データは全て信用情報にアップされているので、事実と異なる場合はすぐにわかってしまうためです。申込用紙は正しく記入しましょう。自分の借金がいくらあるかも把握しておかなくてはなりません。
 
 

大垣共立銀行のカードローン

大垣共立銀行は東海地方を地盤とした地方銀行です。大垣共立銀行の特色と言えば、ドライブスルーがあるという点です。ドライブスルーといえばファーストフードを想像する人も多くいますが、全国で初めてドライブスルーATMを導入したのが大垣共立銀行なのです。そんなユニークな銀行ですが、融資に対しても積極的であり、顧客サービスに力を入れています。
 
お金を引き出すときにスロットゲームで、当たると時間外手数料が無料になったり、自行をOKBと略して愛着心を持ってもらえるようなサービスを展開しています。カードローンの上限も最大1000万円まで融資をしてくれます。銀行のローンなので審査は厳しくなっていますが、最大金利が12%となっており、他行のローンと比較すると低く設定されています。
 
即日融資には対応していませんが、お金が必要になりそうな場合は早めに契約をすることによって、有利な条件で契約ができる銀行の一つです。

 

金融機関 地方銀行、信用金庫、その他銀行

1 2 3 48