キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

18歳から借りれる学生ローンの魅力とチェックポイント~アイシーローン、カレッジ等


スポンサーリンク

借金が出来るのは原則二十歳から

現代の社会では様々なところからお金を借りることができるようになっています。キャッシングやカードローンなどはその最たるものですし、またクレジットカードと言うのも、広い意味で言えば借金の一種でしょう。
 
しかしその大半は「二十歳」という年齢を超えていなくては利用できないとされています。未成年であっても働いている人は多くいますし、また大学生であってもアルバイトでしっかりと収入を得ている人もいるわけですから、これは一見すると不公平なようにも見えることでしょう。
 
ですがこれは何も金融機関が決めたことではなく、法律が決めたことだから避けられないことなのです。現代の日本ではさまざまな法律によって国民の権利を守っていますが、その一つとなっているのが民法です。この民法には個人と法人が契約を結ぶ際の規定などにも触れられており、そこでは「法的に有効な契約を結べるのは二十歳からとする」という規定があります。
 
借金も当然個人と法人の契約に基づく金銭貸借ですから、やはりこの民法がある以上、二十歳にならないとお金は借りられません。ですが絶対にお金を借りられないというわけでもなく、その例外として存在しているのが「学生ローン(学ロン)」なのです。
 
 

学生ローンとは何なのか

ではその学生ローンとは何かと言うと、これはキャッシング業者などが独自に運営しているサービスです。このサービスの中では利用者が未成年であっても一定条件を満たしているのであれば融資が出来るというようにしています。
 
有名な学生ローン(学ロン)
アイシーローン(未成年の借入も可能)
・イー・キャンパス(20歳以上)
・アミーゴ(20歳以上)
・友林堂(20歳以上)
・ベル(20歳以上)
・マルイ(20歳以上)
カレッジ(未成年の借入も可能)
フレンド田(DEN)(未成年の借入も可能)
・トーエイ(20歳以上)
学協(未成年の借入も可能)
 
その一定条件として求められることには幾つかありますが、年齢と言う部分に限ってはほとんどの業者が18歳という年齢をボーダーラインにしていますから、未成年であっても18歳以上であればお金を借りれるのです。法的に有効な契約は二十歳になってからしか結ぶことが出来ないという法律はあるのですが、この部分に関しては「保護者がその契約を承認する」という規定を設けることでクリアしています。
 
学生ローンではほぼ必ず保護者の同意書の提出を求められるのですが、この同意書によって未成年者である学生の契約を可能にしているのです。
 
ただ少々注意をしたいのは、この「学生ローン」という言葉を使っていても全く別の融資があるということです。そのタイプとしては「親の同意が不要で、学生であれば金利などで優遇がある」というものなのですが、これは原則として二十歳になっていないと利用できないものです。
 
そのため自分が利用する場合、検討しているサービスがどちらのタイプなのかしっかり見極めましょう。
 
 

18歳でも借りれる学生ローンの注意点

「18歳でも借りれる学生ローン」には非常に大きな魅力がありますが、しかし契約時にはいくつかのことに注意が必要です。まず最も注意をしなくてはならないのが、その性質上親の同意が必要だということです。
 
同意していることを示すには親の直筆の書面が必要になるのですが、一部ではお金を借りたいということで勝手に同意書を偽造する学生がいます。しかしそれでは法的に有効な契約とは認められなくなってしまいますし、最悪の場合私文書偽造の罪に問われてしまうこともあります。よって契約時には必ず親にいくら借りたいのか、どうして借りたいのかを伝えて同意書を書いてもらうようにしてください。
 
また同様に注意をしたいのが、返済が遅れてしまった場合です。18歳ということだとこれまで業者との借金契約を結んだことも無いという人が多いのですが、金融機関は返済滞納者に対して非常に厳しく接します
 
特に学生ローンの場合は事実上、親が保証人のような立場になるわけですから、万が一返済を滞納すれば親に対して返済が要求されることもあるでしょう。そこでトラブルになっては困ってしまいますから、お金を借りれるということはお金を返さなくてはならないことだとして理解をしておいてください。



スポンサーリンク

 

タグ :

借入の種類 学生ローン お金に関する事情 審査

この記事に関連する記事一覧