キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

銀行カードローンよりも消費者金融はお金を借りやすいの?~銀行の保証会社の大半は大手消費者金融である




スポンサーリンク

消費者金融がもたれているイメージ

キャシングを利用するにあたって、消費者金融は銀行よりもお金を借りやすいというイメージをもたれています。長い歴史の中で積み重ねられてきた安心と信用、そして金利の低さでは消費者金融は銀行には及びません。その上「借りやすさ」でも銀行に負けてしまっていたら、顧客を獲得できずに経営に大打撃を受けそうです。
 
消費者金融の借りやすさのイメージは、審査が通りやすいということだけではありません。「即日融資」という言葉が宣伝に使われているように、申込みから融資までのスピードが非常にはやいことも借りやすいというイメージにつながっています。
 
大手の消費者金融では自動契約機が全国各所に設置されていて、その場でローンカードが発行されるというサービスも展開されています。自動契約機を利用すれば、土日祝日や夜間でも即日融資が受けられます。
 
最近では銀行でも即日融資ができるところは増えていますが、まだまだ消費者金融のスピードには追いつけていない状況です。
 
 

銀行と消費者金融の違いは何か

銀行と消費者金融の大きな違いは、業務内容が多岐にわたるか、カードローンに特化しているかの違いです。
 
銀行では、預貯金業務の他に、住宅ローンや自動車ローン、ブライダルローンなどの目的別ローンや、企業向けの貸付、それ以外にも投資信託の窓口になっているなど、業務内容は多岐にわたっています。
 
それに比べて、消費者金融ではカードローンが主な収入源になっています。つまりは、消費者金融ではカードローンでお客を増やさなければ、経営が存続できないということです。そのため、銀行に比べて積極的にリスクのある人にも融資を行っています。
 
また、貸し倒れのリスクを自ら負っているかという問題もあります。銀行のローンでは、ほとんどの場合にバックに保証会社がついています。
 
もしも契約者が返済不能になっても、貸し倒れのリスクは保証会社が負ってくれています。保証会社としては少ない保証料でリスクを負うことになるので、慎重に審査を行います。これも銀行でお金を借りる時の審査が厳しくなっている理由です。
 
 

状況に応じて借入先を選ぶことが大切

今は銀行の審査は、昔ほど狭き門ではありません。パートやアルバイトでも安定収入さえあれば申込可能としている銀行も数多くあります。専業主婦の場合は、消費者金融では総量規制があるので、むしろ銀行のほうが借りやすいでしょう。
 
個人信用情報には「申込みの記録」も残るので、ダメ元でたくさんの金融機関に申し込んでみるということはできません。銀行でお金を借りたい場合でも、2社~3社へ申込みをしてみてダメだったら、消費者金融を検討してみることが必要になるかもしれません。
 
目安としては、個人信用情報に傷がなく、他社からの借入が2件、3件以内ならば銀行の審査にも通る可能性が十分にあります。もちろん、年収が高い、正社員で働いているなど、他にアピールポイントがあるならば、個人信用情報に多少の傷があっても銀行で融資が受けられる可能性があります。
 
また、必ずしも金利が低いことがメリットになるわけではありません。例えば1万円の融資を受けて翌月に一括返済するといった利用の仕方ならば、金利が低いことよりも手数料無料であることや、無利息期間がついていることのほうが重要です。



スポンサーリンク

 

お金に関する事情 お金を借りる

この記事に関連する記事一覧