キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

多重債務の人でも審査に通るか~他社借入件数3件や4件ある人はどうなの?


スポンサーリンク

多重債務でもお金を借りる事が出来るのは悪質業者の場合もある

借金を複数抱えている人のことを多重債務者と言います。これは借入先の数に関係なく、1社だけではなく2社、3件以上からの借入を行っている事で多重債務者と言う形に見られるのが特徴です。
 
また、借入先の数が多い場合や、それぞれの借入額が大きい場合など、カードローンの申し込みをしても断れるケースが多くあります。
 
そもそも多重債務者と言うのは、借りたお金の返済に困り、他からの借入をするケースが多いため、簡単に融資をしてしまえば、借入額は雪だるま式に膨らむ事になります。融資をしたとしても、債務の回収が出来るかと言う点において不安要素が生じる事になるため、融資を行う金融機関は少ないわけです。
 
尚、多重債務者でも融資を行う金融業者も無いわけはありませんが、このような金融業者の中にはヤミ金などの悪質な業者も含まれているのが特徴です。一般的な銀行や貸金業者などの場合は、貸したお金に利息を付けて返して貰える事で利益を得る事が出来るわけですので、支払が出来なくなるかもしれない多重債務に対して融資を行うケースは少ないと言う事です。
 
また、貸金業者の場合は総量規制があるので、既に借入金を持つ場合は、審査に通過出来ないケースもあります。
 
 

貸金業者で融資をして貰えない多重債務者とは

カードローンの申し込みをする時、他社からの借入の有無が問われますが、多重債務者の場合は既存の借入金があるので、借入額は「有」と言う事を申込書に記載をしなければなりません。仮に、他社借入があるのにも関わらず、「無」と言った事を記載して申し込みをしても、個人信用情報を照会する事で他社借入の有無が明確になるため、嘘をついて申し込みを行えば信頼を失う事になります。
 
貸金業者の場合は、総量規制が在るので年収の3分の1以内しか融資をすることが出来ません。また、借入が在る場合は、借金の総額と申し込み額の合計が年収の3分の1以内になっていなければ借入れる事は出来ないのです。年収が300万円と言う人の年収の3分の1の額は100万円になりますが、借入額が100万円になっている事で、利用する事が出来る金額もゼロになり、申し込みをしても断れることになります。
 
尚、既存の借入金をまとめる事が出来る便利なローンを用意している銀行や消費者金融があります。これは他社借入となるお金を1つにまとめて支払いを行う事が出来る便利なローンで、現在利用しているカードローンの金利よりも低いおまとめローンを利用する事で、月々の支払額に含まれている利息分を減らせると言うメリットが在ります。
 
 

複数のカードローンの利用は返済が困難になるので危険

2社以上からの借入をしている人を多重債務者と呼びますが、実際複数のカードローンを利用している人も少なくありません。しかし、2社や3社と借入先を増やすことで債務の額は大きく膨らむ可能性が強くなります。
 
例えば、普段利用していない限度額50万円のローンを利用している場合、失業などをすることで生活するお金が不足してしまい、利用限度額一杯まで借入をすることで、債務が殆ど無い状態から一挙に債務が100万円と言う金額に増える事になります。
 
しかし、1社のみの契約であれば利用限度額は50万円までになるので、債務の額は多くても50万円を超える事は無いわけです。これが3社や4社となった場合の債務の額は高額なものとなることからも、複数のローンの利用は返済が困難になる可能性が高いので危険だと言われているわけです。
 
尚、貸金業者は年収に対する割合で貸付を行うのが特徴です。これは総量規制と呼ばれる規制が在るからで、既に借金をしている人は借入額が年収の3分の1に近い状態となっている場合、審査に通過する事は難しくなります。また、銀行は総量規制の対象外となりますが、他社債務を抱えている場合など、貸した債務の回収が出来なくなる恐れもあるので融資を行う事は無いのです。



スポンサードリンク


 

お金に関する事情 審査

この記事に関連する記事一覧