キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

労働金庫でお金を借りる場合の審査基準は?


スポンサーリンク

カードローンの申し込みと個人信用情報

労働金庫や銀行などに申込みをした際に、1社に落ちただけで深く考える必要はありません。しかし、立て続けに複数の金融機関に申し込みをしてしまうと、申し込みブラックと言う汚名を着せられることになるので注意が必要です。カードローンの申し込みを行うと金融機関は必ず個人信用情報を照会しますが、照会した記録が個人信用情報に残ることになるので、後から申し込みをする金融機関は現在何社に申し込みをして断れていると言う事がわかるようになっています。
 
しかしながら、1社に落ちた際に何が原因なのかを考える必要があります。借金をしている際の返済の仕方に問題があれば、お金を貸す側も安心して融資をすることは出来ませんし、返済能力に見合っていない希望額で申し込みをしたと言う場合も融資を断れるケースがあります。そのため、1社に落ちたとしても深く考える、悩む必要はありませんが、何が原因なのかを自分なりに分析をすることは大切です。
 
尚、個人信用情報に記録される申し込みの履歴と言うのは、最長で6ヶ月と言われています。そのため、6か月間は申し込みを控えておくこと、落ちた原因が何処にあるのかを分析をしてから再び申し込みをすれば審査に通る可能性を高める事が出来ます。
 
 

労働金庫が加盟を行っている信用情報機関

個人信用情報には金融事故歴などの情報も記録されるので、信用をチェックする時には必ず照会が行われることになります。尚、個人信用情報を管理している信用情報機関は現在3社存在すると言われています。
 
また、消費者金融が加盟を行っている信用情報機関もあれば、銀行が加盟を行っている信用機関があるなど、金融機関などにより加盟を行っている信用情報機関が異なるのが特徴です。しかし、労働金庫の場合は3社に加盟を行っています。
 
信用情報機関には、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、株式会社CICJICC(株式会社日本信用情報機構)の3社があり、それぞれの信用情報機関が管理を行う個人信用情報の内容は異なります。労働金庫の場合は3社に加盟を行っていますので、申し込みが行われると3つの個人信用情報が照会され、申し込みが在った記録が残されることになります。
 
また、申し込みの記録は信用情報機関により異なりますが、最長で6ヶ月間の中で登録された状態になると言う事です。因みに、個人信用情報には申し込みの履歴だけではなく、借金を持っている情報や返済がきちんと行われているかの情報も記録されているので、返済時に遅延をしてしまうと個人信用情報に遅延の記録が残されることになります。
 

労働金庫の審査に落ちる理由について

日々の生活の中でのお金のやりくりはとても重要な要素を持ちます。貯金がある程度在れば特別な心配も要りませんが、誰もが貯金があるとは言い切れません。労働金庫のカードローンは利用使途が原則自由と言う事からも、結婚式のお祝い金、旅行や買い物など様々な用途に利用する事が出来ます。
 
また、利用限度額の範囲内であれば何度でも利用する事が出来る事、全国の金融機関やコンビニエンスストアに設置されているATMが利用出来るので必要な時何時でも使えます。
 
更に、労働金庫は低金利なので、月々の支払いに含まれる利息を減らせると言ったメリットもあります。但し、問題は審査に通るかどうかで、落ちてしまう理由として考えられる事は信用情報の中に問題が生じている場合が多いと言えます。
 
お金を借りる事で返済が必要になるわけですが、支払日と言うものが必ず定められます。その支払日に遅れてしまうと遅延損害金を併せて支払う事になるわけですが、遅れる日数が多くなるほど遅延損害金の支払い額も増えて行きます。
 
また、支払日が遅れる事で個人信用情報の中に遅延の記録が残されるため、信用情報に傷をつけてしまう事になりますし、信用情報をチェックする側も不安感を抱き、断れてしまうと言う事です。
 
(参考)全国労働金庫協会(ろうきん協会)
http://all.rokin.or.jp/



スポンサーリンク

 

お金に関する事情 審査

この記事に関連する記事一覧