キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

葬儀代がない!?お金を支払えない時は、一括見積での費用削減やカードローンの融資に縋る


葬儀代はいくらかかるの?

人の死は事前に予期できるものもありますが、そのほとんどは本当に突然大切な人を襲うものです。遺族は大切な人の死に大きな悲しみを感じるものですが、しかしながら現実のことを考えないというわけにも行きません。
 
そして大切な人の死後にまず現実として行わなくてはならないものが葬儀であり、そこで必要になるのが葬儀代です。では葬儀代はいくらくらいかかるのかと言うと、これはそれぞれの人によってかなり差があります。特に近年では家族葬など費用を抑えたプランが人気を集めるようになっていますから、そこで必要になる費用もかなり多様化して来ています。
 
とはいえ全体の平均値と言うことで言うのであれば、その金額はおよそ180万円から200万円ほどだとされています。ただ葬儀の際には香典などを頂戴することも出来るわけですから、全ての金額を自己負担で支払う必要はありません。そのため半額ほどが香典で帰ってくると仮定するのであれば、遺族の持ち出し費用はおよそ100万円ほどだという異なるでしょう。
 
こうした費用に関しては貯蓄で賄うことができれば問題は無いのですが、しかしその貯蓄が無いというような場合には、どうにかしてお金を工面しなくてはならなくなります。
 
 

葬儀代を工面する方法

では葬儀代を工面する方法としてはどういった方法があるのかと言うと、最も手軽に行える方法となっているのがキャッシングやカードローンといった借り入れです。こういった借り入れに関しては抵抗感を感じる人もいるのですが、冒頭で述べたように葬儀代は突然必要になります。
 
銀行などのローンを借りることも選択肢ではありますが、審査に時間がかかることなどを考えると少々問題があると言えるでしょう。もちろん銀行の融資審査が終わるまで待つことができるのであれば問題はありません。ただ速やかに費用を用意しなくてはならないなどのことになった場合には、即日融資も可能なキャッシングやカードローンが非常に便利なものになるのです。
(⇒よく聞く「キャッシングサービス」ってなんのこと?
 
ただしかし、ここで葬儀代を工面した後、そのまま返済するというのはあまり賢い方法ではありません。特に貸金業者の金利は比較的高いわけですから、最終的な返済総額が大きくなってしまう可能性が非常に高いと言えます。そのため貸金業者から借りたお金で当面の支払いを済ませた後には、改めて銀行の目的融資などを受けて一括返済をするようにした方が良いでしょう。
 
また各金融機関では借り換えにも対応してくれていますから、借り換えを利用することも選択肢の一つです。
 
 

葬儀代を安くするにはどうすれば良い?

ただそうした方法でお金を工面することができると言っても、一番最初に考えるべきなのはかかる費用を出来る限り少なくすることでしょう。ではどのようなことに注意をすれば葬儀代を安くすることができるのかと言うと、まず行うべきは一括見積もりの請求です。一括見積もりでは葬儀を行う場所に対応している複数の葬儀社に対して見積りを請求し、その中でも最も安い価格を提示してくれるような業者を見つけることが出来ます。
 
※参考サイト
いい葬儀
http://www.e-sogi.com/
 
お葬式 消費者相談.com
http://www.sogi-annai.com/
 
複数社から比較して最も安い業者を見つけることができれば、かなり費用は抑えられるようになるでしょう。またプランを細かく検討することも有効です。もし多くの人を呼ばずに親しい人だけで済ませるのであれば小規模な会場だけで済むために費用を抑えることが出来ますし、祭壇や通夜振る舞いなどに関しても細かに検討していくことが出来ます。
 
最近だとこうした内容について細かに対応してくれるような葬儀社も出てきていますし、大手のスーパーマーケットチェーンなどが葬儀業界に参入したことも話題になりました。比較的最近の話であるためまだ業界全体の変化にはなっていませんが、今後大手の業者が新規に業界参入を果たせば状況は大きく変化する可能性がありますので、ここもしっかり見ていきたいところです。



スポンサーリンク

 

コラム

この記事に関連する記事一覧