キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

銀行カードローンよりも消費者金融はお金を借りやすいの?~銀行の保証会社の大半は大手消費者金融である


消費者金融がもたれているイメージ

キャシングを利用するにあたって、消費者金融は銀行よりもお金を借りやすいというイメージをもたれています。長い歴史の中で積み重ねられてきた安心と信用、そして金利の低さでは消費者金融は銀行には及びません。その上「借りやすさ」でも銀行に負けてしまっていたら、顧客を獲得できずに経営に大打撃を受けそうです。
 
消費者金融の借りやすさのイメージは、審査が通りやすいということだけではありません。「即日融資」という言葉が宣伝に使われているように、申込みから融資までのスピードが非常にはやいことも借りやすいというイメージにつながっています。
 
大手の消費者金融では自動契約機が全国各所に設置されていて、その場でローンカードが発行されるというサービスも展開されています。自動契約機を利用すれば、土日祝日や夜間でも即日融資が受けられます。
 
最近では銀行でも即日融資ができるところは増えていますが、まだまだ消費者金融のスピードには追いつけていない状況です。
 
 

銀行と消費者金融の違いは何か

銀行と消費者金融の大きな違いは、業務内容が多岐にわたるか、カードローンに特化しているかの違いです。
 
銀行では、預貯金業務の他に、住宅ローンや自動車ローン、ブライダルローンなどの目的別ローンや、企業向けの貸付、それ以外にも投資信託の窓口になっているなど、業務内容は多岐にわたっています。
 
それに比べて、消費者金融ではカードローンが主な収入源になっています。つまりは、消費者金融ではカードローンでお客を増やさなければ、経営が存続できないということです。そのため、銀行に比べて積極的にリスクのある人にも融資を行っています。
 
また、貸し倒れのリスクを自ら負っているかという問題もあります。銀行のローンでは、ほとんどの場合にバックに保証会社がついています。
 
もしも契約者が返済不能になっても、貸し倒れのリスクは保証会社が負ってくれています。保証会社としては少ない保証料でリスクを負うことになるので、慎重に審査を行います。これも銀行でお金を借りる時の審査が厳しくなっている理由です。
 
 

状況に応じて借入先を選ぶことが大切

今は銀行の審査は、昔ほど狭き門ではありません。パートやアルバイトでも安定収入さえあれば申込可能としている銀行も数多くあります。専業主婦の場合は、消費者金融では総量規制があるので、むしろ銀行のほうが借りやすいでしょう。
 
個人信用情報には「申込みの記録」も残るので、ダメ元でたくさんの金融機関に申し込んでみるということはできません。銀行でお金を借りたい場合でも、2社~3社へ申込みをしてみてダメだったら、消費者金融を検討してみることが必要になるかもしれません。
 
目安としては、個人信用情報に傷がなく、他社からの借入が2件、3件以内ならば銀行の審査にも通る可能性が十分にあります。もちろん、年収が高い、正社員で働いているなど、他にアピールポイントがあるならば、個人信用情報に多少の傷があっても銀行で融資が受けられる可能性があります。
 
また、必ずしも金利が低いことがメリットになるわけではありません。例えば1万円の融資を受けて翌月に一括返済するといった利用の仕方ならば、金利が低いことよりも手数料無料であることや、無利息期間がついていることのほうが重要です。

 

お金に関する事情 お金を借りる

申込ブラックになった場合、お金を借りやすいのは楽天銀行カードローン?


消費者金融の申込みブラックについて

お金に困っている人にとっては、消費者金融が行っているキャシングは何度も利用したい存在であると言えるでしょう。ただし、何回も消費者金融のキャシングを使って、お金の融資を受けているうちに何かしらの原因によって申込みブラックになってしまうことがあります。
 
ブラック扱いになってしまうと、借り入れできる金融業者を見つけることが難しくなるデメリットがあります。
 
ブラックとはどういうことかというと、借り入れをした場合に返済期限までに支払いをしないことや、他のクレジットカードなどを使った支払いについて、返済が滞ってしまうなどの状態が続くことで、ブラックリストに名前が載ることになります。
 
一般的には、ブラックという表現ではなく、金融事故を起こすことで消費者金融のキャシングを利用できなくなることを指します。
 
それぞれの金融業者ごとに、設定している基準は異なってくることが考えられますので、どのような理由によって申込みブラックになるのかは、特定の理由があるというわけではありません。
 
 

信用情報機関に登録されている内容について

消費者金融からお金を借りるために、キャシングの申込みをすると、それぞれの金融業者ごとに必ず審査が行われます。そのときに金融業者は信用情報機関に問い合わせをして、利用者の情報を精査して過去に金融事故を起こした経験があるかどうかを調べます。
 
(参考)ブラックリストと信用情報機関
http://www.adire.jp/blacklist/04kikan.html
 
信用情報機関にはカードローンの利用限度額や、クレジットカードにおける情報、過去の返済状況などが記録されていますので、他の金融業者からの借り入れ情報についても把握されることになります。そのために虚偽の申請をしたときには、それを見つけられることになりますので、審査に通過できなくなってしまう可能性が高まります。
 
信用情報機関において、自分自身の情報がどのような状態になっているのか知りたいときには、パソコンや携帯電話、郵送による方法で開示請求することも可能です。
 
信用情報機関に登録されている個人情報については、約5年ほどの期間にわたって登録されていると言われています。債務整理などの手続きをしたときには、その後最低でも5年間ほどは消費者金融から融資を受けられないと考えておいたほうが良いでしょう。
 
 

審査が通りやすい融資先には楽天銀行があります

申込みブラックの状態になっていて、なかなか融資を受けられないときには、審査が緩いと言われている金融業者を探す必要があります。
 
借り入れしやすい条件の設定をしている金融業者を見つけるポイントとしては、収入証明書の提出をしなくても融資を実行してくれるところや、専業主婦に対して融資を行っているところがおすすめです。
 
審査が通りやすいことで定評のある融資先としては、楽天銀行スーパーローンを挙げることができます。楽天銀行はインターネット銀行であるために、店舗を持っておらず、借り入れのための手続きは全てインターネット上で行います。
 
借り入れを希望する金額が300万円以下であれば、収入証明書を用意していなくても融資が受けられますので、手間を省くことが可能です。
専業主婦への融資も行っていて、限度額が設定されていますが、最大で50万円まで借り入れができます。
 
ブラックリストに名前が載っている人にとっては、あまり知名度の低い金融業者を選択するのは危険であると言えますので、安心して借り入れできるところを選ぶことがおすすめとなります。

 

お金に関する事情 お金を借りる

今すぐにお金を借りるなら、どの消費者金融でお金を借りる?


審査スピードが早いところを選ぶ

消費者金融でキャシングするなら、審査スピードが早いところがおすすめです。あまりにも遅いと、今すぐお金が必要だというのに、そのタイミングに合わせられなくなるからです。
 
また、審査に落ちてしまった際に、別の企業に申し込みをするスピードを早めることができるメリットがあります。大手4社の消費者金融を比べてみると、アイフルやアコム、プロミスにモビットと、それぞれ最短で30分という早さで結果を出してくれます。
 
パソコンからだけでなく、スマートフォンからの申し込みでも、この時間は変化することがありません。銀行のカードローンでは1時間待ちであったり、地方銀行や信用金庫の場合ですと数日後に結果が出るケースは多いですので、急ぎの人にとっては、消費者金融を選ぶ価値がとても高いことがわかることでしょう。
 
ただし、キャンペーン期間中といった状態だと、申し込みが殺到し、30分よりも結果が出るのが遅くなる場合もあります。あくまでも最短の時間だということを覚えておいてください。
 
 

各社の自動契約機の特徴を知る

とにかく今すぐお金を借りるなら、パソコンやスマートフォンといったネット申し込みよりも、自動契約機を使った方が便利です。その場でローンカードが発行されますので、今すぐ現金で融資を受けることができます。自動契約機で素早く契約するには、営業時間が鍵を握ります。
 
ですが、アイフルの無人契約電話BOXてまいらず、アコムのむじんくん、プロミスの自動契約機、モビットのローン申込機共に、営業時間は9時から21時です。これだけ比較すると、どの消費者金融を選んでも、まず問題ないといえます。但し、設置場所によって、営業時間が微妙に異なるケースは多いですので、各社のサイトで、自動契約機の営業時間を細かく確認しておくことをおすすめします。
 
アコムとプロミスに限っては、それぞれ三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の一部店舗内に設置の自動機器が使える例があります。これらの銀行で手続きを行う場合にも、利用できる条件を予め調べておきましょう。
 
 

対応やサービス内容を比べる

消費者金融選びで迷うのであれば、各社の対応や細かなサービス内容で判断してみましょう。問い合わせや相談の仕方は、アイフルは電話のみ、アコム、プロミス、モビットは電話に加えてネットで行うことができます。電話が苦手な人なら、アイフル以外を選ぶのがおすすめです。
 
借入と返済のしやすさを比べると、違いがわかるようになります。4社とも大手企業とあり、提携ATMには銀行やコンビニなど豊富に揃っていますので、ATMに関しては大差ありませんが、店頭窓口の対応には差があります。
 
アコムとプロミスは、店頭での借入や返済ができるようになっています。アイフルは返済のみの受付です。モビットはどちらも利用できません。対面での手続きを希望するなら、アコムとプロミスがよいでしょう。
 
限度額は4社とも500万円と使い勝手に違いはありません。しかし、金利が異なります。アイフルとプロミスは4.5%、アコムは4.7%、モビットは4.8%ですので、お得に借りやすいのはアイフルとプロミスになります。

 

お金に関する事情 お金を借りる

ブラックでも融資可能と噂される消費者金融フクホーとは?1~10万円の少額融資には◎


ブラックとはどのような状態なのか

一言にブラックと言っても、軽いものから重たいものまでさまざまあります。例えば続けざまに申込みをしたことによる「申込みブラック」。この状態で新たに金融機関に申込みをしても、審査に通ることはありません。
 
申込みをするとその履歴が信用情報に残ります。金融機関は信用情報を確認し、自社の規定と照らし合わせて融資可能かどうかを決定します。希望額は無理でも融資可能であった場合は、融資可能額を伝えた上で審査に通ったと連絡がきます。全く融資できない場合は審査に落ちてしまったことになります。
 
多少の支払い遅れではブラックという状態にはなりません。3ヶ月以上の滞納、連続3ヶ月での滞納、カードが契約違反で解約になった場合、破産した場合などは信用情報に「異動」という記号がつくことになります。このマークがつくことが「ブラック」という状態です。
 
滞納がない月の場合は信用情報の支払い項目に$マークがつき、多少の支払い遅れについてはAマークがつきます。まだこの状態ではブラックではありません。ブラックになってしまうとほとんどの大手金融機関では新たに借入をすることができなくなります。信用情報には一定期間情報が残ります。
 
参考:
>>キャッシングの延滞や遅延でブラックリストに載るとどんな目にあうの?
 
 

消費者金融フクホーとはどのような会社か

消費者金融フクホーは一般的には中小と分類される消費者金融(街金)です。
 
近年消費者金融の再編が進み、大手と中小の差が大きくなってしまいました。中小の企業の生き残り策として、大手では借りられないような人にも貸し出しを実施しています。
 
消費者金融フクホーも一部ではブラックでも借り入れができると言われており、実際に過去に自己破産したような人でも借り入れが可能となっています。ただしあまり大きい金額は借りることができません。9万9000円のように、10万円未満での限度額になることが多くなっています。
 
それは上限金利で10万円未満の年利は20%以下と定められているため、10万円未満の限度額にすることで金利を高く設定することができるためです。消費者金融フクホーにとっても、ブラックの人に貸し出しをすることは相当なリスクになります。リスクが高いということはそれだけ収益が上がらないと会社としてやっていけなくなってしまいます。
 
もちろんリスクが低いと判断されれば、より大きな限度額で金利の引き下げも可能です。ただリスクが低い人は大手でも借入をすることができるため、より金利の低い銀行や大手消費者金融で契約する人が多くなっており、フクホーで大口契約する人はあまりいません。
 
 

少しでも融資可能と判断してもらうために

フクホーに限ったことではありませんが、新しくクレジットカードやカードローンの申込みをするとき、審査に通るためにできるだけクレジットヒストリーを良好な状態に保つことが大切です。審査に通らないような申込みを重ねてしまうと、それだけで申込みブラックの状態となってしまい、クレジットヒストリーが汚れてしまいます。
 
まず申込みをする場合は、的を絞って1件1件行うのが良いでしょう。審査に落ちてしまったからと言って、すぐに次のところに申込みをしていくことはあまりよくありません。多くても1ヶ月に3件以内にしておくと良いでしょう。
 
また、新しくカードを増やすことよりは、すでにあるカードの増額をしてみるのも良いです。もし増枠できればそれで済みますし、他のカードの借入をまとめることができるのであれば、カードを減らすのも良いでしょう。大口の借入先があると、それだけで他社で信用されているという証拠になり、審査でプラスに作用することがあります。
 
フクホーのカードローンはサイト上では上限18%となっていますが、少額の場合は20%の金利になることがあるので注意が必要です。10万円以上でも融資可能であると判断してもらうためには、債務を圧縮しておくと良いでしょう。

 

お金に関する事情 お金を借りる