キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

カードローン審査で落ちてしまう理由は?他社借入件数?申込ブラック?返済の延滞?


個人信用情報に問題が無いのにも関わらず断れてしまう事も

お金を借りる事で返済をする必要が出て来ます。きちんと毎月支払いを行っている事で増額のお知らせを貰えることもありますが、現在よりも低金利のカードローンを見つけた場合は月々の支払いに含まれる利息分を減らせるので、借り換えをしようと言った考えるケースも出て来ます。
 
カードローンの申し込みをすると、個人信用情報を照会して、申し込み者の信頼性をチェックし、お金を貸しても大丈夫な人物なのかと言った事を調べて上で融資を行うか否かを決めて行きます。
 
個人信用情報の中には、借金をしている場合では月々の支払いがきちんと行われているのか、他社への申し込みが何件あるのかなどの情報もチェックする事が出来ますし、支払における遅延の有無、何社から借入を行っているのかと言った情報も調べる事が出来ます。
 
仮に、他社からの借入があり、度々支払いが遅れていると言う事が解れば、融資を行った際に支払いの優先順位が他社を先にしてしまう可能性も出てくるため、お金を貸す側も慎重になります。しかし、カードローンの申し込みをした際に、既存の借金の支払いを月々きちんと行っているのにも関わらず、審査に通過できないケースがあります。
 
 

個人信用情報を照会する事で解る事について

個人信用情報は個人を特定する事が出来る情報が掲載されています。氏名や住所、勤務先の会社名や勤続年数、雇用スタイルなどの情報も掲載されていると言います。また、既に個人向けローンを利用している場合などでは、借入れ状況や支払いの状況などについても調べる事が出来るようになっていますし、申し込みをする時には必ず個人信用情報が照会されることになるため、照会記録も残ることになります。
 
因みに、照会記録と言うのは、申し込みをする度に追加されていく事になるため、一定期間に2社に対して申し込みをした人と、10社に申し込みをした人とでは、10社に申込みをした人の方がお金に困っている、何か問題があって色々な会社に申し込みをしていると言う判断が下されることになるため、審査を受けても断れてしまう事になります。
 
これは申し込みブラックと呼ばれるもので、短い間に多数の申し込みを行う事で照会記録が多数残されてしまい、要注意人物であると言う汚名を着せられてしまうのです。
 
個人信用情報には、現在の借入状況や申し込み記録などが残されているので、月々の支払いをきちんと行っている場合でも、断れてしまうケースが出て来ます。
 
 

真面目に利用しているのにも関わらず審査に落ちる理由

申し込みブラックの状態ではないにも関わらず、断れてしまうケースもありますし。
 
例えば、月々の支払いは遅れた事が無いのにも関わらず断れてしまう理由は、複数のローンを利用している場合、利用している額が少額である場合などいくつかの理由が存在しています。銀行などのカードローンでは、4件未満であれば新規の申し込み対して認めて貰う事が出来ますし、消費者金融などの場合は、総量規制があるので借入額が年収の3分の1以内になっている事が条件となるので、既に借入額が年収の3分の1に近い場合などでは断れてしまうケースもあります。
 
因みに、年収の3分の1の額には既に借金をしている場合、合計額が差し引かれるのが特徴です。例えば、年収が300万円の人の場合、融資を可能にする額は100万円が上限となりますが、既に100万円近い額を借入れている場合は、総量規制の上限と言う額に達してしまうので断れてしまうと言う事です。
 
また、他社からの借入れが無い場合でも、現在利用しているカードローンの利用額が少額などの場合、融資を行う側も、どれくらいの金額であれば安定して融資をすることが出来るのかが解り難くなるため審査に通過出来ないケースが生じます。

 

お金に関する事情 審査

カードローンの仮審査とは?あくまでも仮審査なので本審査に落ちる場合もある


仮申込に通ればすぐにお金が借りられる?

銀行や消費者金融のカードローンでは、仮申込(仮審査)というものを設けているところがあります。なぜ仮申込というものを設けているかは、金融機関によって異なりますが、多くは無駄な申し込みを避けるためかと思われます。
 
クレジットカードやローンに申し込むと、「申し込みの記録」が個人信用情報に記録され、そこでもし落ちた場合には、落ちたという記録が残ります。これは申込者にとってデメリットとなります。また、金融機関にとっても申込者の属性をチェックしたりするのにはコストや手間がかかりますので、年収や勤続年数などが一定の条件を満たしていない人を仮申込の段階で落とすことができれば、コストや人件費を節約することができます。
 
ただし、これは1つの例にすぎず、仮申込の段階で個人信用情報を照会する金融機関もあります。仮申込の段階で9割以上のチェックを行い、最終的な限度額や金利の条件を提示して、申込者の同意を得たら本申込で本人確認書類を提出してもらうというシステムになっている金融機関もあります。
 
このような場合には仮申込をしただけでも信用情報を照会されて記録が残りますし、職場への在籍確認もされてしまうので注意が必要です。
 
 

仮申込で問題なければ審査に通るのか?

仮申込で問題なければ審査に通るのかどうかは、仮申込でどの程度の項目がチェックされているのかによります。消費者金融などでは、年収、勤務形態、勤続年数、他社からの借入額、他社からの借入件数、健康保険の種類などの項目をホームページのフォームに入力すると、10秒もかからずに融資OKかどうかの返事が出るものがあります。
 
この場合には、まだ個人信用情報がチェックされていませんので、あとは個人信用情報さえ問題なければ本申込(本審査)でも通る可能性が高いでしょう。個人信用情報を照会するためには、本人の同意が必要であり、かつお金を払う必要があるので、仮申込の段階でチェックされることはあまりありません。
 
個人信用情報については、自分が過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしていなかったかを振り返ればだいたいわかります。携帯料金や奨学金の支払いの延滞などでも個人信用情報に傷がついているケースがあるので、あらゆる支払いで延滞をしていなかったかを振り返ってみましょう。
 
延滞をしたのが5年以上前である場合にはすでに情報が消えている可能性もあります。心配ならば、CICなどの個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるとよいでしょう。
>>キャッシングの延滞や遅延でブラックリストに載るとどんな目にあうの?
 
 

仮申込の段階でお金が借りられる業者もある

業者によっては、仮申込の段階でお金を借りることができるケースもあります。例えば、審査の9割以上は問題がなかったけど、土日祝日で会社への在籍確認だけが取れなかったという場合には、仮の限度額10万円が設定されて、借金ができるようになるケースもあります。この場合には、後日に全ての手続きが完了したら、本来の限度額が設定されることになります。
 
土日祝日で在籍確認がとれないということはよくありますが、これを回避することができる方法もあります。それは、給与明細や社会保険の健康保険証などの会社への在籍を確認できる書類を提出することです。給与明細は退職した後でも発行されることがありますが、社会保険の健康保険証は退職するときに返却しなければならないので、後者のほうが在籍確認の効力は高くなります。
 
銀行では原則として在籍確認は必ず行われますが、大手消費者金融などではこれらの書類を提出したら相談によって在籍確認をはぶける場合もありますので覚えておくとよいかもしれません。
 
仮申込のシステムは金融機関によって異なりますので、仮申込をしたら信用情報に「申込記録」が残るのかどうかは最低でも確認しておくことをお勧めします。短期間にたくさんの「申込記録」があると、申込ブラックとなってしまう場合もあります。

 

お金に関する事情 審査

労働金庫でお金を借りる場合の審査基準は?


カードローンの申し込みと個人信用情報

労働金庫や銀行などに申込みをした際に、1社に落ちただけで深く考える必要はありません。しかし、立て続けに複数の金融機関に申し込みをしてしまうと、申し込みブラックと言う汚名を着せられることになるので注意が必要です。カードローンの申し込みを行うと金融機関は必ず個人信用情報を照会しますが、照会した記録が個人信用情報に残ることになるので、後から申し込みをする金融機関は現在何社に申し込みをして断れていると言う事がわかるようになっています。
 
しかしながら、1社に落ちた際に何が原因なのかを考える必要があります。借金をしている際の返済の仕方に問題があれば、お金を貸す側も安心して融資をすることは出来ませんし、返済能力に見合っていない希望額で申し込みをしたと言う場合も融資を断れるケースがあります。そのため、1社に落ちたとしても深く考える、悩む必要はありませんが、何が原因なのかを自分なりに分析をすることは大切です。
 
尚、個人信用情報に記録される申し込みの履歴と言うのは、最長で6ヶ月と言われています。そのため、6か月間は申し込みを控えておくこと、落ちた原因が何処にあるのかを分析をしてから再び申し込みをすれば審査に通る可能性を高める事が出来ます。
 
 

労働金庫が加盟を行っている信用情報機関

個人信用情報には金融事故歴などの情報も記録されるので、信用をチェックする時には必ず照会が行われることになります。尚、個人信用情報を管理している信用情報機関は現在3社存在すると言われています。
 
また、消費者金融が加盟を行っている信用情報機関もあれば、銀行が加盟を行っている信用機関があるなど、金融機関などにより加盟を行っている信用情報機関が異なるのが特徴です。しかし、労働金庫の場合は3社に加盟を行っています。
 
信用情報機関には、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、株式会社CICJICC(株式会社日本信用情報機構)の3社があり、それぞれの信用情報機関が管理を行う個人信用情報の内容は異なります。労働金庫の場合は3社に加盟を行っていますので、申し込みが行われると3つの個人信用情報が照会され、申し込みが在った記録が残されることになります。
 
また、申し込みの記録は信用情報機関により異なりますが、最長で6ヶ月間の中で登録された状態になると言う事です。因みに、個人信用情報には申し込みの履歴だけではなく、借金を持っている情報や返済がきちんと行われているかの情報も記録されているので、返済時に遅延をしてしまうと個人信用情報に遅延の記録が残されることになります。
 

労働金庫の審査に落ちる理由について

日々の生活の中でのお金のやりくりはとても重要な要素を持ちます。貯金がある程度在れば特別な心配も要りませんが、誰もが貯金があるとは言い切れません。労働金庫のカードローンは利用使途が原則自由と言う事からも、結婚式のお祝い金、旅行や買い物など様々な用途に利用する事が出来ます。
 
また、利用限度額の範囲内であれば何度でも利用する事が出来る事、全国の金融機関やコンビニエンスストアに設置されているATMが利用出来るので必要な時何時でも使えます。
 
更に、労働金庫は低金利なので、月々の支払いに含まれる利息を減らせると言ったメリットもあります。但し、問題は審査に通るかどうかで、落ちてしまう理由として考えられる事は信用情報の中に問題が生じている場合が多いと言えます。
 
お金を借りる事で返済が必要になるわけですが、支払日と言うものが必ず定められます。その支払日に遅れてしまうと遅延損害金を併せて支払う事になるわけですが、遅れる日数が多くなるほど遅延損害金の支払い額も増えて行きます。
 
また、支払日が遅れる事で個人信用情報の中に遅延の記録が残されるため、信用情報に傷をつけてしまう事になりますし、信用情報をチェックする側も不安感を抱き、断れてしまうと言う事です。
 
(参考)全国労働金庫協会(ろうきん協会)
http://all.rokin.or.jp/

 

お金に関する事情 審査

信用金庫のカードローンの審査基準は緩いの?年金受給者でもお金を借りれるのは事実


信用金庫のカードローンの申し込み基準

信用金庫は地域密着型の営業スタイルを持つ金融機関で、地元に住む人々や地元企業に役立つ存在になるなど事業の中には地域性が重視されています。また、信用金庫のカードローンの審査基準は、都市銀行などと比べると緩めで借り易さがありますし、幅広い人が申し込めるなどの特徴を持ちます。
 
尚、消費者金融と比較をすると、基準は厳しくなるので信用情報などに問題が無ければスムーズな借入が実現します。
 
因みに、信用金庫は営業エリアの中に住んでいる人や営業エリア内に在る企業に勤務していると言った基本的な条件が在るので、この条件を満たしていなければ申し込みは出来ません。また、安定した収入と継続収入が必要条件になりますが、収入における条件については、銀行で借りる場合も消費者金融で借りる場合も同じで、無職の場合は融資をして貰う事は出来ません。
 
但し、専業主婦のように無職の人や年金受給者なども申し込みが出来るローンを用意している信用金庫が多くあるため、幅広い人が利用できるわけです。専業主婦の場合は配偶者の年収を利用して申し込みが出来ますし、年金受給者の場合は受給している年金を審査の対象にするなどの特徴があります。そのため、年齢制限は比較的幅広くなっているのが特徴で、信用金庫の中には年金受給者専用の個人向けローンを用意している所もあります。
 
 

申し込みや融資条件は多少のバラつきがあります

信用金庫は非営利の共同組織であり、地域の発展や地元住民に役立つ存在になると言った経営理念を掲げているケースが多くあるため都市銀行と比べると審査が緩めになります。但し、申し込み条件、融資条件と言うのは信用金庫により多少なりのバラつきがあるので、自宅の住所や勤め先が営業エリアになっている信用金庫を幾つか比較をして申し込みをする方法もお勧めです。
 
(参考)全国の信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/tikubetu/
 
また、非営利の共同組織と言うのは基本的に多くの利益を求めないため、金利も低目に設定されているのが特徴で、消費者金融や都市銀行などの場合は、融資を行う事で利益を上げると言う事が目的となるので、金利も高めになるわけです。低金利であることのメリットは、返済額を減らせるメリット、月々の支払額を減らせるメリットなどに繋がります。
 
同じ金額で借金をしたとしても、金利が安い分、月々の支払額も少なくなりますし、利息が少ないため元金を早く減らせるなどのメリットにも繋がります。また、利益を上げる事を念頭に掲げていない事からも、地域に住む人々や発展に貢献する名目において、全ての審査基準を満たしていない場合でも、支払能力などに応じた形で融資をして貰える可能性もあります。
 
 

信用金庫の保証会社について

信用金庫のカードローンは無担保、保証人無しでお金を借りる事が出来るのですが、保証会社の保証を受ける事が必要となります。保証会社は、信金保証基金と信販会社の何れかになるのが特徴で、信金保証基金が保証会社となった場合は基準が少し高めになる傾向にあり、信販会社は逆に緩めになると言われています。
 
そのため、アルバイトをしている学生さんやフリーターなどの場合は、信販会社が保証会社になっているローンを選ぶ事で融資を受けやすくなります。信用金庫は銀行と比べると親しみやすさがありますが、これは地域密着型の営業スタイルを持つからです。
 
尚、信用金庫のローンを申し込む場合、従来であれば店舗に出向いて申し込みが一般的でしたが、最近はインターネットを利用して申し込みが出来る信用金庫が多くなっており、忙しくてお店に出向く時間が無い人や、誰かに見られてしまうのではないかと不安に感じている人もインターネットであれば安心ですし、パソコンだけではなくスマートフォンに対応しているケースもあるので便利です。
 
また、少額の融資の場合は収入を証明する書類の提出が不要になっているので、予め運転免許証などの本人確認書類を用意しておけば契約を交わすことが出来ます。

 

お金に関する事情 審査

多重債務の人でも審査に通るか~他社借入件数3件や4件ある人はどうなの?


多重債務でもお金を借りる事が出来るのは悪質業者の場合もある

借金を複数抱えている人のことを多重債務者と言います。これは借入先の数に関係なく、1社だけではなく2社、3件以上からの借入を行っている事で多重債務者と言う形に見られるのが特徴です。
 
また、借入先の数が多い場合や、それぞれの借入額が大きい場合など、カードローンの申し込みをしても断れるケースが多くあります。
 
そもそも多重債務者と言うのは、借りたお金の返済に困り、他からの借入をするケースが多いため、簡単に融資をしてしまえば、借入額は雪だるま式に膨らむ事になります。融資をしたとしても、債務の回収が出来るかと言う点において不安要素が生じる事になるため、融資を行う金融機関は少ないわけです。
 
尚、多重債務者でも融資を行う金融業者も無いわけはありませんが、このような金融業者の中にはヤミ金などの悪質な業者も含まれているのが特徴です。一般的な銀行や貸金業者などの場合は、貸したお金に利息を付けて返して貰える事で利益を得る事が出来るわけですので、支払が出来なくなるかもしれない多重債務に対して融資を行うケースは少ないと言う事です。
 
また、貸金業者の場合は総量規制があるので、既に借入金を持つ場合は、審査に通過出来ないケースもあります。
 
 

貸金業者で融資をして貰えない多重債務者とは

カードローンの申し込みをする時、他社からの借入の有無が問われますが、多重債務者の場合は既存の借入金があるので、借入額は「有」と言う事を申込書に記載をしなければなりません。仮に、他社借入があるのにも関わらず、「無」と言った事を記載して申し込みをしても、個人信用情報を照会する事で他社借入の有無が明確になるため、嘘をついて申し込みを行えば信頼を失う事になります。
 
貸金業者の場合は、総量規制が在るので年収の3分の1以内しか融資をすることが出来ません。また、借入が在る場合は、借金の総額と申し込み額の合計が年収の3分の1以内になっていなければ借入れる事は出来ないのです。年収が300万円と言う人の年収の3分の1の額は100万円になりますが、借入額が100万円になっている事で、利用する事が出来る金額もゼロになり、申し込みをしても断れることになります。
 
尚、既存の借入金をまとめる事が出来る便利なローンを用意している銀行や消費者金融があります。これは他社借入となるお金を1つにまとめて支払いを行う事が出来る便利なローンで、現在利用しているカードローンの金利よりも低いおまとめローンを利用する事で、月々の支払額に含まれている利息分を減らせると言うメリットが在ります。
 
 

複数のカードローンの利用は返済が困難になるので危険

2社以上からの借入をしている人を多重債務者と呼びますが、実際複数のカードローンを利用している人も少なくありません。しかし、2社や3社と借入先を増やすことで債務の額は大きく膨らむ可能性が強くなります。
 
例えば、普段利用していない限度額50万円のローンを利用している場合、失業などをすることで生活するお金が不足してしまい、利用限度額一杯まで借入をすることで、債務が殆ど無い状態から一挙に債務が100万円と言う金額に増える事になります。
 
しかし、1社のみの契約であれば利用限度額は50万円までになるので、債務の額は多くても50万円を超える事は無いわけです。これが3社や4社となった場合の債務の額は高額なものとなることからも、複数のローンの利用は返済が困難になる可能性が高いので危険だと言われているわけです。
 
尚、貸金業者は年収に対する割合で貸付を行うのが特徴です。これは総量規制と呼ばれる規制が在るからで、既に借金をしている人は借入額が年収の3分の1に近い状態となっている場合、審査に通過する事は難しくなります。また、銀行は総量規制の対象外となりますが、他社債務を抱えている場合など、貸した債務の回収が出来なくなる恐れもあるので融資を行う事は無いのです。

 

お金に関する事情 審査

お金を借りる時に調べられる信用情報とは?


あなたの信用情報はどう?

お金を借りるとき、必ず注意したいのがその人の信用情報です。これは何かというと、カードローンやキャッシング、携帯電話の割賦払いや住宅ローン、カーローンなど、様々なものに使われている情報です。また、クレジットカードの支払履歴などもこれに当てはまるでしょう。
 
基本的に借金をした時や分割払いをした時に履歴が残り、申し込みの時、借りるとき、返済するときなど、様々な金融活動をした時などにこの履歴が残ります。とはいえ、この情報はそこまで難しく考えることはありません。基本的にこれまでの借金をしっかり返済していれば、問題はないのです。
 
この信用情報ですが、基本的に審査の時に申し込みをした審査機関が専用の機関にチェックします。この信用情報はとてもデリケートな情報なので、特定の許可を得た機関が独自で情報を集め、また銀行やローン会社、クレジット会社などが情報を登録したり閲覧したりする事ができます。セキュリティレベルは非常に高いので、今まで漏洩したことはありません。
 
この信用情報は、審査にとても大きな影響をもたらします。また、中には金利が優遇金利になったり、契約時に有利な条件でお金を借りられることもあるでしょう。
 
 

信用情報はどんなもの?

信用情報は、あなたについての様々な情報を持っています。まずはあなたの個人情報で、あなたの名前や住所、生年月日などの情報を持っています。これは個人を識別するためのものです。
 
次に申し込み履歴です。これは様々な借金やキャッシング、カードローンなど、その信用情報を保持する信用情報機関が提携している金融機関・消費者金融などで借金やローンなどの申し込みがあれば、その履歴を残します。
 
また、あなたのローンの金額です。これは総量規制の対象になる場合を考え、大体いくら借りているのか、ということをしっかり把握しています。また、残高がない借り入れの情報もあるため、使っていないカードローンの情報なども残っています。そして毎月の支払の状況なども残っています。残高がいくらあり、どのくらい毎月支払っているかという情報です。これは特にクレジットカードでリボ払いをしていたり、分割払いをしている時の金額です。
 
最後に、支払履歴です。これはその人が毎月の支払をしっかりしているかどうか、ということです。この場合、毎月の支払をきちんとしていればまず問題はありません。ただ、リボ払いや分割払いの場合は分割だという履歴が残る機関もあります。
 
 

お金を借りるための信用情報とは

お金を借りるとき、信用情報に気をつけるポイントはさまざまです。一つは絶対に情報を悪くしないということでしょう。例えば勤務先があるのとないのとでは大きく違いますので、勤務先をきちんと登録し、在籍確認にも応じましょう。
 
もう一つは支払いをしっかりしておくということです。支払いはとても重要な項目で、その人がしっかり返済をデキているかどうかを確認する非常に重要なところになります。とはいえ、この項目は基本的に誰でも出来て当たり前という部分がありますので、少なくとも借り過ぎないようにすることも大事です。
 
また、一度にいろいろなところに申し込みすぎないようにしましょう。これは申し込み履歴もまた信用情報に残るため、短期間にいろいろなところに申し込みすぎるのはよくありません。申し込みすぎると、今度は何らかのリスクがある人だとみなされ、借金がしづらくなるのです。
 
とはいえ、このような情報は普通に使っていれば問題がないことばかりです。審査時に少しでも有利な条件でお金を借りたいのなら、このような事に気を配りながら借り、毎月返済していきましょう。好き勝手に使っていると、そのうちどこからも借りられなくなることもあります。

 

お金に関する事情 審査

18歳から借りれる学生ローンの魅力とチェックポイント~アイシーローン、カレッジ等


借金が出来るのは原則二十歳から

現代の社会では様々なところからお金を借りることができるようになっています。キャッシングやカードローンなどはその最たるものですし、またクレジットカードと言うのも、広い意味で言えば借金の一種でしょう。
 
しかしその大半は「二十歳」という年齢を超えていなくては利用できないとされています。未成年であっても働いている人は多くいますし、また大学生であってもアルバイトでしっかりと収入を得ている人もいるわけですから、これは一見すると不公平なようにも見えることでしょう。
 
ですがこれは何も金融機関が決めたことではなく、法律が決めたことだから避けられないことなのです。現代の日本ではさまざまな法律によって国民の権利を守っていますが、その一つとなっているのが民法です。この民法には個人と法人が契約を結ぶ際の規定などにも触れられており、そこでは「法的に有効な契約を結べるのは二十歳からとする」という規定があります。
 
借金も当然個人と法人の契約に基づく金銭貸借ですから、やはりこの民法がある以上、二十歳にならないとお金は借りられません。ですが絶対にお金を借りられないというわけでもなく、その例外として存在しているのが「学生ローン(学ロン)」なのです。
 
 

学生ローンとは何なのか

ではその学生ローンとは何かと言うと、これはキャッシング業者などが独自に運営しているサービスです。このサービスの中では利用者が未成年であっても一定条件を満たしているのであれば融資が出来るというようにしています。
 
有名な学生ローン(学ロン)
アイシーローン(未成年の借入も可能)
・イー・キャンパス(20歳以上)
・アミーゴ(20歳以上)
・友林堂(20歳以上)
・ベル(20歳以上)
・マルイ(20歳以上)
カレッジ(未成年の借入も可能)
フレンド田(DEN)(未成年の借入も可能)
・トーエイ(20歳以上)
学協(未成年の借入も可能)
 
その一定条件として求められることには幾つかありますが、年齢と言う部分に限ってはほとんどの業者が18歳という年齢をボーダーラインにしていますから、未成年であっても18歳以上であればお金を借りれるのです。法的に有効な契約は二十歳になってからしか結ぶことが出来ないという法律はあるのですが、この部分に関しては「保護者がその契約を承認する」という規定を設けることでクリアしています。
 
学生ローンではほぼ必ず保護者の同意書の提出を求められるのですが、この同意書によって未成年者である学生の契約を可能にしているのです。
 
ただ少々注意をしたいのは、この「学生ローン」という言葉を使っていても全く別の融資があるということです。そのタイプとしては「親の同意が不要で、学生であれば金利などで優遇がある」というものなのですが、これは原則として二十歳になっていないと利用できないものです。
 
そのため自分が利用する場合、検討しているサービスがどちらのタイプなのかしっかり見極めましょう。
 
 

18歳でも借りれる学生ローンの注意点

「18歳でも借りれる学生ローン」には非常に大きな魅力がありますが、しかし契約時にはいくつかのことに注意が必要です。まず最も注意をしなくてはならないのが、その性質上親の同意が必要だということです。
 
同意していることを示すには親の直筆の書面が必要になるのですが、一部ではお金を借りたいということで勝手に同意書を偽造する学生がいます。しかしそれでは法的に有効な契約とは認められなくなってしまいますし、最悪の場合私文書偽造の罪に問われてしまうこともあります。よって契約時には必ず親にいくら借りたいのか、どうして借りたいのかを伝えて同意書を書いてもらうようにしてください。
 
また同様に注意をしたいのが、返済が遅れてしまった場合です。18歳ということだとこれまで業者との借金契約を結んだことも無いという人が多いのですが、金融機関は返済滞納者に対して非常に厳しく接します
 
特に学生ローンの場合は事実上、親が保証人のような立場になるわけですから、万が一返済を滞納すれば親に対して返済が要求されることもあるでしょう。そこでトラブルになっては困ってしまいますから、お金を借りれるということはお金を返さなくてはならないことだとして理解をしておいてください。

 

タグ :

借入の種類 学生ローン お金に関する事情 審査

バイクローンはどこで借入する?バイクローンの審査条件に関する事


低金利のバイクローンなら銀行ローンがおすすめ

銀行のローンは低金利で、いざというときに助かります。銀行のオートローンは、車だけでなくバイクの購入にも使えるのです。バイクローンという名称の商品がなくても大丈夫です。
 
金利はかなり低く抑えられているので、多目的ローンよりもお得です。低金利だと毎月の負担は軽くなりますし、利息も少なく抑えられます。完済までの支払額も少なくなるため、高金利ローンよりも絶対的に有利です。
 
銀行ローンをバイクローンとして使用する場合は、各銀行の商品を比較してから選びましょう。バイクは中型クラスでも50万円はしますし、大型クラスになると100万円超は当たり前です。まとまった金額の借入になるため、1%の金利にこだわるべきです。
 
低金利ローンは審査条件が厳しいのが現実ですが、借りてしまえばあとは同じです。最初は銀行ローンの審査にチャレンジして、それでダメならばカードローンや信販系ローンを検討するとよいです。銀行ローンの審査通過率を高めるには、頭金を多めに用意するのがコツです。
頭金が多いほど借入額は少なくなるため、審査通過率は高くなります。金額が少ないほど借りるのは容易なので、極力多く頭金を用意しましょう。
(⇒金利と融資額はどのような関係があるの?
 

多目的に使えるカードローンで借りる

銀行のオートローンは低金利が魅力ですが、審査に通過するのは容易ではありません。ローン商品というのは金利が低いほど借入条件は厳しく設定されています。逆にいえば、金利が高いほど借りるのは容易というわけです。多目的ローンであるカードローンは、金利は高めに設定されています。銀行の場合ですと、14%台の金利設定になることが多いです。消費者金融は3%くらい銀行より高金利です。
 
バイクローンとしてカードローンを利用する場合の借入先は、消費者金融よりも銀行カードローンが適しています。消費者金融は総量規制の対象となるため、借入額は年収の3分の1に抑える必要があります。120万円の借入をする場合ならば、少なくとも360万円以上の年収は必要となります。銀行カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融では借入できない金額の融資を受けることも可能です。
 
バイクローンの代用として銀行カードローンを利用する場合は、各銀行ローンの金利比較をしておきましょう。消費者金融の場合ですと、どの業者も金利に大差はありませんが、銀行は数%の差は当たり前です。バイクなどの高額な買い物では、3%の金利差は想像以上に大きなものです。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、横浜銀行、スルガ銀行、常陽銀行等のマイカーローンは有名です。
 

バイク屋のローンは好条件なのか?

バイクを購入するとき、バイク屋のバイクローンを利用する方は少なくありません。審査通過率が高いのが特徴で、銀行から借りられない方がよく利用しています。ただし、借りやすい反面、金利が高いというデメリットがあります。具体的な金利については、バイク屋に問い合わせて聞くしかありません。
 
また、バイク屋では複数のローンと提携していることがあり、A社で借りることができない場合、B社、C社と別会社のローンを紹介してくれることもあります。最初は低金利のバイクローンに申し込んで、審査に通過できない場合に少し金利の高いローンに申し込んでいくのが普通です。バイク屋のローンの場合も、高金利なほど借りるのは難しいです。
 
過去にローンの遅延がある、現在すでに他社からの借入がある、といった方は高金利ローンでなければ融資を受けるのは難しいかもしれません。好条件の会社から借りたい方は、頭金を多めに用意することをおすすめします。借入額を少なく抑えておけば、借りられる可能性は高くなります。バイクや車などのローンは、いかに頭金を多く確保できるかがポイントです。頭金の相場は車両価格の2割程度ですが、多ければ多いほどいいです。

 

タグ : 

お金に関する事情 審査 借入の種類 自動車ローン

キャッシングの延滞や遅延でブラックリストに載るとどんな目にあうの?


ブラックリストに載るとはどういうこと?

キャッシングなどで滞納や遅延を繰り返してしまいますと、金融事故とみなされることがあります。「借金を返済しないとブラックリストに載ってしまうよ」などと耳にすることがありますが、これは具体的にどのような事を言うのでしょうか。
 
誤解されている方が多いのですが、このようなリストは実際には存在しません。金融事故を起こしてしまったり、債務整理などをした場合にその事実は個人信用情報に記載されることとなり、これを「ブラックリスト」と呼ぶことがあります。
つまり、現実的にリストがあるわけではなく、個人信用情報に金融事故や債務整理の事実についての記載がなされることを指すのです。
 
この個人信用情報にはどのような金融機関からいくら借金をしているのか、どのようなクレジットカードを利用しているのか、などの情報の他に上記のマイナスの情報も記載されることになります。
 
これらのマイナスの情報が記載されてしまうことによって、私たちの生活に様々な支障をきたすことになるのです。個人信用情報に傷が付くとも言い換えられますが、この事実はイメージ的に良くないというだけではありません。では実際にどのようなデメリットがあるのでしょうか。
 
 

ブラックリストに載るとどうなる?

では、キャッシングなどでお金を借り、滞納や遅延を繰り返すことで個人信用情報に傷がついてしまった場合、どのような弊害があるのでしょうか。新たにキャッシングの申し込みをしても却下されることはもちろんのこと、それ以外のローンなどについてもほとんど審査が通らなくなります。
(⇒お金を借入れる時の審査とは?
 
例えば夢のマイホームを購入する際に利用するのが住宅ローンですが、住宅ローンの場合は借り入れ額も大きいため、まず通ることはありません。また、携帯電話を買い換えたいと思ったとき、「分割払い」ができなくなる恐れもあります。携帯電話の分割払いの際にもじつは審査があり、この審査の際にもこの個人信用情報が閲覧されることになるのです。
 
また、現在はネットショッピングなどもとても盛んに行われているため、クレジットカードを利用する方もとても増えているのが現状です。
しかし、クレジットカードを持ちたいと思って申し込みをした場合であっても、やはり審査のために個人信用情報が閲覧されることになりますので否決される可能性が高くなります。つまり、無計画なキャッシングをするということは、将来的にこのような不便な生活を強いられる可能性があるということなのです。
 
 

一度載ってしまうと一生ブラックリストに苦しめられるの?

個人信用情報を閲覧されることでいろいろな弊害が及ぶということは前述したとおりですが、その理由は「返済能力がない」とみなされるためです。つまり、キャッシングで返済できなかった事実があるということは、この人にお金を貸すと返済してくれない可能性が高いと考えられてしまうのです。
 
では、キャッシングなどで滞納や遅延を繰り返し、金融事故や債務整理の情報が個人信用情報に一度載ってしまうと一生苦しむことになるのでしょうか。家や車を購入する際にもローンすら組めず、携帯は常に一括で購入をし、クレジットカードすらモテないという生活を一生強いられることになるのでしょうか。
 
結論から申し上げれば、これらの事実は一生記載されるわけではなく、一定期間の経過後に抹消されることになります。抹消されるまでの期間は滞納の状況や任意整理の種類などによっても異なりますが、自己破産などの重大な債務整理を行った場合でも7年から10年ほどでその情報は抹消されます
 
とはいえ、個人信用情報が傷つくことはデメリットが大きいことは間違いありません。ですから、キャッシングを利用する際にはしっかりと返済計画を立てるということが何よりも重要なのです。

 

タグ :

お金に関する事情 審査 お金に関する事情 返済

パート収入のある主婦、無職(無収入)の専業主婦が、旦那に内緒でキャッシングする方法とは?


二つの申込方法を知っておこう

主婦のキャッシングは二つの申込方法を知っておくことが大事です。自分の名義から申し込みを行うのか、それとも仕事をしていない専業主婦は夫の収入から申し込みをするのか、まずはここを決めることが大事です。
 
一般的に仕事をしていない専業主婦の場合は自分で支払いをする能力が低いことから夫の収入を使って申し込むことが多いです。これだと自分が仕事をしていなくても夫がしっかりと稼いでいるなら、その収入を頼って申し込むことができるので簡単にキャッシングの審査に通ることができます。(※配偶者の同意は必要)
(⇒低金利のキャッシングの審査ってどんなもの?
 
自分の名義からキャッシングを利用したいというなら仕事をすることを検討しましょう。これは正社員として会社へ勤めなくてもアルバイトやパートでもよいです。あまり雇用形態は関係がないので、とにかく仕事をして自分が働いている会社を持つという点が大事です。そうすると、キャッシングへ申し込んだときに実施される在籍確認もしっかりとクリアすることができます。
 
収入による支払いの能力に関しては収入証明を出さなくても申し込むことができるキャッシングがあるので、基本的にこれを利用しておけば支払い能力が低い人でもキャッシングを利用しやすくなるのでおすすめです。
 
 

家族にバレない借り方

主婦でキャッシングを利用する際に自分名義から申し込むをするなら家族にバレない借り方があるので覚えておくと便利です。主婦で家族にバレないようにお金を借りるためには2つの点を覚えておきましょう。
 
1つは申込時の在籍確認、もう1つは明細です。まず、申込みをすると自宅に電話がかかってくることがありますが、これは時間指定をする、あるいは携帯電話へ連絡してもらうようにするなど、工夫をして申し込みをしておけば大丈夫です。
次に明細ですが、これはWEB明細を利用することができる金融会社を選んでおきましょう。そうすればキャッシングを利用する度に明細が自宅へ郵送されることがありません。
 
実際、家族にばれるのはこの明細が理由なことが多いです。そのため、WEB明細を利用するのはかなりおすすめです。また、このWEB明細を利用しながらも契約している業者からのサービス案内などの郵送もすべてストップしてもらうようにしましょう。これは利用している業者によってはしっかりとそれに応えてくれます。
このようにして利用すれば家族にバレないので、お金を借りていることがばれると困るという人にはおすすめな借り方となります。
 
 

仕事をしていると選択肢はかなり広い

一般的に主婦はお金を借りることができない、あるいは相当厳しいという認識を持っている人がいますが、基本的に主婦でもアルバイトなどから勤務先を確保できているなら、かなり申込先の選択肢は広くなることを覚えておきましょう。要するに専業主婦と主婦では大きな差があるということです。
 
収入が低いという点は一つのネックでもありますが、これを解決する簡単な方法は所得証明不要のキャッシングへ申し込むことです。割と寛大なところだと限度額200万や300万ほどまで身分証明だけで申し込むことができるというところもありますし、意外と低所得者でもキャッシングを利用するのは簡単な現状があります。
 
しかし、考えておくべきことはどうやって返済を進めていくのかという点です。基本的に上記のように審査をクリアすることはよほどの問題がない限りは割と自由に好きなところを選んで申し込むことができますが、返済できるかどうかは自分の稼ぎに頼るしかありません。支払いが厳しくなり、最終的に支払うことができないと家族に絶対にばれますし、自分の信用が大きく低下して今後に様々な金融商品を利用する際に影響を及ぼすことになるので注意しましょう。

 

タグ : 

お金に関する事情 主婦や専業主婦のローン お金に関する事情 審査