キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

キャッシングで借入するなら知っておくべき!無理のない返済方法


借りる金額を少なくすれば返済が楽

当然のことながら、借りる金額が3万円と30万円では、返済に要する時間と苦労も変わってきます。3万円なら給料をもらって一括で返すことが可能でしょうが、30万円となると厳しいでしょう。ボーナスを全額返済に充てるなんて方もいるはずです。借入額が大きくなるほど、必然的に返済までにかかる期間も長くなります。
 
これは利息が増えることを意味するため、無理のない返済方法を考える以前に、借りる金額を最小限にするべきです。これさえ守っていれば、無理な借入になることはありません。キャッシングから借りて返せなくなる方には、決まって借りすぎているという共通点があります。借りすぎなければ、返すときも苦労せずにすんだわけです。無難な借入額は年収の2割とか、給料の2ヶ月分などと言われていますが、これらをそのまま自分に当てはめてはいけません。
 
経済力が同じだとしても、収支のバランスは人により変わってきます。住宅ローンを抱えている方とそうでない方では、キャッシングを利用して月に返せる金額はまるで違ってきます。ローンを利用していなくとも、生活費が高額で貯金できない状態であれば、毎月返せる金額は少なくする必要があります。
(⇒キャッシングの借金を延滞するとどうなる?
 
 

キャッシングは追加融資を受けないのがコツ

キャッシングの利便性の高さは、追加で何度でも借りられることでしょう。こうした使い方のできるローンは、キャッシングとカードローンくらいしかありません。その便利さゆえに、何度も追加融資(や増額)を受けてしまう方がいるのです。1万円などと少額を繰り返し借りるので、沢山借りている実感が湧いてきません(汗)
 
しかし、たった1万円でも何度も借りていると、あっという間に10万円を超えます。そうして借入額が少しずつ増えていき、返すのが難しくなってきます。無難に無理なく返すためには、追加融資を受けない生活スタイルを徹底することです。キャッシングから借りるということは、言い換えれば給料を前借りするようなものです。将来の給料が少なくなることを意味するわけです。追加融資を受けないようにして、あとは給料1回で返せる方法を徹底しましょう。
 
クレジットカードの場合も、最も安全な利用方法は1回払いです。なぜ一括がベストかというと、利用状況を簡単に把握できるからです。これが3年・36回払いといった長期になれば、完済までどのくらい利息が発生するのか把握が難しくなります。総支払い利息を知ることなく、利息を払い続けるのは非常に危険です。
 
 

銀行キャッシングを選んで口座引き落としで返す

キャッシングはATMで返済できますが、仕事が忙しい方だと返すのが面倒になることもあります。そうして1回で遅延してしまうと、遅延がクセになってしまいます。1日くらいなら遅れても大丈夫だと思うようになったら危険です。金融機関側はいつでも融資枠を凍結できるのです。あと20万円の枠があるから、などと安心していると急に借りられなくなるケースがあります。キャッシングに依存した生活はリスクが大きいわけです。
 
使い慣れてくると打出の小槌のように錯覚してしまいますが、あくまで借りたお金であることを忘れないようにしましょう。
 
安全に利用するならば、低金利の銀行キャッシングを選ぶのが一番いいです。金利が低いと利息も減るので、毎月返すのが楽になります。無理なく返済する方法としては、口座引き落としがいいでしょう。これならATMまで出向く必要はなく、口座に入金しておけば自動的に引き落とされます。ただし、口座引き落としを選んだ場合は、自動的にリボ払いの設定になることがあります。月々の支払額を定額にして、完済までを長期化する方法です。この方法は毎月の負担は軽減しますが、一括完済よりも利息は大きくなる点は注意しましょう。

 

お金に関する事情 返済

キャッシングの利息の計算方法~銀行カードローンは消費者金融より低金利


覚えると非常に簡単なこと

キャッシングを利用する多くの人はお金を借りて実際に返済をするときはどのくらいの利息になるのか分からないという人が多いと思います。しかし、これは計算方式を覚えてしまうと非常に簡単なことなので、少し重い腰をあげて勉強してみましょう。
 
まず、仕組みとして抑えるべきことは日割り計算であるという点です。要するにキャッシングを利用して返済日にいくらの負担となるのかは最初に日割り計算をして1日の負担額を算出して、その金額を返済日までの日数でかけるということです。これでしっかりと返済日に支払う手数料を算出することができます。方式は利率×元金÷365日×借入日数となるので、この方式を覚えておきましょう。
 

 
この方式で1日にいくらの手数料が発生するのか把握できます。後は返済日までの日数をかけましょう。返済日までの日数とはお金を借りた日から返済日までの日数です。長期なら返済日から返済日までの日数となります。あくまでも目先の返済日までの日数であり、一発の返済で完済できないなら自然と借入日数は返済日から返済日となるので約一か月、大体30日になります。上記の方式をしっかりと覚えれば簡単に利息がわかります。
 
 

シミュレーションを活用するという方法

キャッシングの利息がとにかくわからないという人は一番簡単な方法としてシミュレーションの活用があります。
 
これはインターネットから探せば見つけることができますし無料で利用できます。インターネットのどこにあるのかわからない人は大手の金融会社の公式サイトをいくつかチェックすると、簡単に見つけることができるので参考にして探してみましょう。
 
この返済シミュレーションは自分が借りる元金から金利など、簡単な情報を入力するだけで自動的に利息を計算することができるシステムなので、これを利用すれば問題なく手数料がいくらなのか把握することができます。これを利用するときに利率がどのくらいかわからないという人は自分の契約内容を確認するようにしましょう。
 
また、これからキャッシングの申し込み先を探すという人は金利比較をしながら様々な利率を入力して、各社において金利が変わることからどのくらい手数料としての違いがあるのかをシミュレーションしてみるのもかなり効果的な活用となります。やはり、こうして利息を実際に計算しながらその金額を比較してキャッシングの申し込み先を探すことは自分にとって借りやすいところを見つけやすいものです。
 
 

銀行カードローンが人気なのがよくわかる

このように自分で利息を計算したり、シミュレーターを活用してしっかりと手数料を把握すると、いかに各社において手数料の負担額が違うのかが分かります。こうして申込先を探していくと銀行カードローンが人気な理由もよくわかるものです。銀行カードローンは消費者金融に比べると金利設定が低い会社が多くあります。
 
しかも、銀行カードローンの低金利の特徴は下限の利率が低いだけではなく上限の利率、要するにその会社が設定している一番高い利率も低くなっているので、高所得者でなくても万人にとって安い手数料からキャッシングを利用しやすいというメリットがあります。上限利率が低金利になっているということはその会社において大きな限度額を持てばさらに低金利が採用されることになるので、どのくらいの限度額を持つにしても他社と比較した場合はやはり手数料が安くなってきます。
 
これも自分でしっかりと利息を算出してみると金額として違いを把握することができるので、一度やってみるとよいです。本当にキャッシングはどのくらいの金利からお金を借りることができるのかによって、大きくメリットが変わってきます。しっかりと各社の金利に注目をしながら申込先を探していきましょう。
(⇒キャッシングの金利と融資額はどのような関係があるの?

 

タグ :

お金に関する事情 返済 お金に関する事情 金利

キャッシングの延滞や遅延でブラックリストに載るとどんな目にあうの?


ブラックリストに載るとはどういうこと?

キャッシングなどで滞納や遅延を繰り返してしまいますと、金融事故とみなされることがあります。「借金を返済しないとブラックリストに載ってしまうよ」などと耳にすることがありますが、これは具体的にどのような事を言うのでしょうか。
 
誤解されている方が多いのですが、このようなリストは実際には存在しません。金融事故を起こしてしまったり、債務整理などをした場合にその事実は個人信用情報に記載されることとなり、これを「ブラックリスト」と呼ぶことがあります。
つまり、現実的にリストがあるわけではなく、個人信用情報に金融事故や債務整理の事実についての記載がなされることを指すのです。
 
この個人信用情報にはどのような金融機関からいくら借金をしているのか、どのようなクレジットカードを利用しているのか、などの情報の他に上記のマイナスの情報も記載されることになります。
 
これらのマイナスの情報が記載されてしまうことによって、私たちの生活に様々な支障をきたすことになるのです。個人信用情報に傷が付くとも言い換えられますが、この事実はイメージ的に良くないというだけではありません。では実際にどのようなデメリットがあるのでしょうか。
 
 

ブラックリストに載るとどうなる?

では、キャッシングなどでお金を借り、滞納や遅延を繰り返すことで個人信用情報に傷がついてしまった場合、どのような弊害があるのでしょうか。新たにキャッシングの申し込みをしても却下されることはもちろんのこと、それ以外のローンなどについてもほとんど審査が通らなくなります。
(⇒お金を借入れる時の審査とは?
 
例えば夢のマイホームを購入する際に利用するのが住宅ローンですが、住宅ローンの場合は借り入れ額も大きいため、まず通ることはありません。また、携帯電話を買い換えたいと思ったとき、「分割払い」ができなくなる恐れもあります。携帯電話の分割払いの際にもじつは審査があり、この審査の際にもこの個人信用情報が閲覧されることになるのです。
 
また、現在はネットショッピングなどもとても盛んに行われているため、クレジットカードを利用する方もとても増えているのが現状です。
しかし、クレジットカードを持ちたいと思って申し込みをした場合であっても、やはり審査のために個人信用情報が閲覧されることになりますので否決される可能性が高くなります。つまり、無計画なキャッシングをするということは、将来的にこのような不便な生活を強いられる可能性があるということなのです。
 
 

一度載ってしまうと一生ブラックリストに苦しめられるの?

個人信用情報を閲覧されることでいろいろな弊害が及ぶということは前述したとおりですが、その理由は「返済能力がない」とみなされるためです。つまり、キャッシングで返済できなかった事実があるということは、この人にお金を貸すと返済してくれない可能性が高いと考えられてしまうのです。
 
では、キャッシングなどで滞納や遅延を繰り返し、金融事故や債務整理の情報が個人信用情報に一度載ってしまうと一生苦しむことになるのでしょうか。家や車を購入する際にもローンすら組めず、携帯は常に一括で購入をし、クレジットカードすらモテないという生活を一生強いられることになるのでしょうか。
 
結論から申し上げれば、これらの事実は一生記載されるわけではなく、一定期間の経過後に抹消されることになります。抹消されるまでの期間は滞納の状況や任意整理の種類などによっても異なりますが、自己破産などの重大な債務整理を行った場合でも7年から10年ほどでその情報は抹消されます
 
とはいえ、個人信用情報が傷つくことはデメリットが大きいことは間違いありません。ですから、キャッシングを利用する際にはしっかりと返済計画を立てるということが何よりも重要なのです。

 

タグ :

お金に関する事情 審査 お金に関する事情 返済

キャッシングの借金を延滞を繰り返すと、ブラックリスト入りして、最後は自己破産をするはめに


キャッシングは返済しなくてはならない借金です

キャッシングはコンビニATMなどを利用するだけでお金を引き出せる便利なものです。
 
今現在借入する予定が無いという人でも、余裕がある時に契約さえしておけば、突然お金が必要になったときに対応できるというメリットが出てきます。ただコマーシャルでもよく言われているように、キャッシングを利用する際には「収支のバランス」を考えなくてはなりません。
 
キャッシングは何もない所からいきなりお金が出てくる魔法などではなく、あくまでも事業者からお金を借りているだけだということを自覚しましょう。借りたものは返さなくてはならないというのは、この現代社会の最低限の常識です。
 
これは当然、借金においても同じなのです。友人間の借金であれば多少返済が遅れても謝って待ってもらうことができますが、事業者からの借金ということになると、そこで特別扱いを期待するということはできません。
 
最初に作った契約書に必ず返済日、返済に付随する利息なども規定されており、それを順守するということは利用者の最低限のマナーです。これが出来ずに資金がやりくりできなくなるということになってしまうと、後々非常に大きな問題に発展することがありますから注意が必要です。
 
 

返済を延滞するとどうなるのか

ではキャッシングの返済を延滞してしまうとどうなるのかというと、実際のところ数日程度であれば問題ありません。期日になっても振り込みがなかったり引き落としが出来なかったということになると、キャッシング業者はまず最初に契約者の伝えた電話番号に対して、その旨を連絡してきます。この連絡は業者が「期日を忘れているのかもしれない」ということを考えて、好意で行うものです。
 
実際のところ不慣れな人だと期日を忘れてしまい、振り込みや入金を忘れることがあります。この連絡が来た段階で期日を再設定し、その日に返すことができれば、何度も繰り返さない限り問題はありません。しかし何度も同じ間違いを繰り返したり、連絡が取れなくなるなどの状況になると、キャッシング業者は信用情報に「延滞」の情報を掲載することになります。
 
こうなると俗に言うブラックリスト入りということになります。ブラックリストに入ってしまうとそのご数年間新たな借金はできなくなりますし、その時点で契約している業者が契約を解約するなどの措置を取られることもあります。そうなってしまえばこれまで利用していた資金調達手段が断たれるということになるでしょう。
(⇒ブラックリストに載るとどんな目にあうの?
 
 

延滞を放置することのリスク

こうした事態になってしまった場合、とにかくすぐに完済することを考えなくてはなりません。延滞がされている限り信用情報にその情報が記録され続けますし、完済が遅れるほど遅延損害金が発生します。遅延損害金は基本的に通常の利率よりも遥かに高い利率が設定されていますから、「ブラックリストに掲載されたけど気にしない」という問題では無くなります。放置していると返しきれないほどの膨大な借金を背負うことにもなりかねませんから、絶対に注意が必要です。
 
もしどうしても返すことが出来ないというような場合であれば、そのことを業者に相談して期日を伸ばしてもらったり、弁護士や司法書士に相談をして債務整理をするというようなことを考えるべきでしょう。現在だと貸金業法が改正されたこともあって、弁護士や司法書士に相談をすればほとんどの債務問題は解決できるようになっていますし、返済を一本化するおまとめローンを検討するのもいいかもしれません。
 
一番危険なのは問題を見ないふりをして、無視し続けることです。無視されたのであれば業者としてもできたはずの譲歩が出来なくなることがあります。キャッシングは便利なものですが、それは返さなくてはならない借金です。延滞を起こさないよう、普段から注意しましょう。

 

お金に関する事情 返済

よく聞く「キャッシングサービス」ってなんのこと?~当日中にお金を借入れるサービス


キャッシングサービスの内容を知ろう

キャッシングサービスってどんなサービスなのか、これは今ではクレジットカードを使っている人が増えている時代であり、誰にでもキャッシングサービスを利用する機会がありえることから、しっかりとキャッシングサービスの内容については知っておきたいところです。
 
一般的にはやはりクレジットカードを作る時にキャッシングを付帯するかどうかで見かけることが多いと思いますが、このキャッシングサービスは金融会社にお金を借りることができるというサービスです。しかも、どのような目的であってもキャッシングで借入をすることができるので、その時に自分が持つことができる限度額の範囲で好きなようにお金を借りることができるようになります。
 
クレジットの場合、カードで支払いをする際にいくらの利用枠か決まっていますが、キャッシングもこれと全く同じで使える金額が決まっており、利用枠を最大まで使うとそれ以上は使うことが出来なくなります。しかし、返済をすることで利用額に空きが出るので、しっかりと返済をすることで再び借入することができるようになります。簡単に説明すると上記のようなサービスであり、特に難しい内容でもありません。
 
 

キャッシング単体の種類もある

一般的にクレジットカードを作ったらキャッシングが使えたという人は多いと思いますが、このキャッシングサービスは必ずしもクレジットカードとセットになっているわけでもなく、キャッシング単体の種類もあるので知っておきましょう。このキャッシング単体となっている種類もサービス内容は全く同じで限度額の範囲でお金を借りることができるという内容です。
 
どちらの種類にしても、このサービスを利用するためには必ず借入審査を受けなければならず、これは申し込みをすると勝手に審査が開始されるので、流れとしては申し込みをしてから金融会社の借入審査の結果を待つという流れになります。審査に合格することができるとそのまま契約という流れになりますが、不合格だと当然ながら契約できません。
 
合格を目指すためのポイントは色々とありますが、要は返済能力がどのくらいあるのか、そして信用できる人物かどうか、これらの点が非常に重要となります。なかなか合格することができない人は審査が甘い会社を選ぶなど、申込先をしっかりと探すことで少なからず合格を目指しやすくなります。いろんな会社があるのでしっかりと情報を調べて申し込み先を探すようにしましょう。
(⇒収入証明不要のキャッシングは審査は早い?
 

申込先を選ぶポイントは金利にある

キャッシングを色々と調べるとたくさんの申込先を見つけることができますが、一体各社によって何が違うのか把握しずらいものがあると思います。
 
これは簡単に言うと注目すべきポイントは金利の一点でよいです。審査に合格しやすい会社、あるいは使い勝手の良いサービスなど、人によって目的がある場合は色々と注目しておきたいポイントがありますが、特にそうした目的がないなら本当に金利だけを見て申込先を選んでおけば、しっかりとメリットの高い申込先を見つけることができるようになります。
 
キャッシングサービスとはお金を借りることができるサービスですが、返済をするときは手数料を支払うことになります。この手数料を利息と言いますが、利息は金利から計算されます。
 
その為、要するに手数料をどれだけ抑えることができるのかによってお得さが変わってくることから、なるべく金利が低い設定になっているところを探すほど、自分にとってはお金を借りやすくなり、お金を借りやすいということはお金を返済しやすいということでもあります。つまり、金利が低いとお金を借りて返済もしやすく、再びお金を借りる状況を作りやすくなるので好循環になります。
(⇒キャッシングの金利と融資額の関係とは?

 

タグ : 

お金に関する事情 審査 お金に関する事情 返済