キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

キャッシングの利息の計算方法~銀行カードローンは消費者金融より低金利


スポンサーリンク

覚えると非常に簡単なこと

キャッシングを利用する多くの人はお金を借りて実際に返済をするときはどのくらいの利息になるのか分からないという人が多いと思います。しかし、これは計算方式を覚えてしまうと非常に簡単なことなので、少し重い腰をあげて勉強してみましょう。
 
まず、仕組みとして抑えるべきことは日割り計算であるという点です。要するにキャッシングを利用して返済日にいくらの負担となるのかは最初に日割り計算をして1日の負担額を算出して、その金額を返済日までの日数でかけるということです。これでしっかりと返済日に支払う手数料を算出することができます。方式は利率×元金÷365日×借入日数となるので、この方式を覚えておきましょう。
 

 
この方式で1日にいくらの手数料が発生するのか把握できます。後は返済日までの日数をかけましょう。返済日までの日数とはお金を借りた日から返済日までの日数です。長期なら返済日から返済日までの日数となります。あくまでも目先の返済日までの日数であり、一発の返済で完済できないなら自然と借入日数は返済日から返済日となるので約一か月、大体30日になります。上記の方式をしっかりと覚えれば簡単に利息がわかります。
 
 

シミュレーションを活用するという方法

キャッシングの利息がとにかくわからないという人は一番簡単な方法としてシミュレーションの活用があります。
 
これはインターネットから探せば見つけることができますし無料で利用できます。インターネットのどこにあるのかわからない人は大手の金融会社の公式サイトをいくつかチェックすると、簡単に見つけることができるので参考にして探してみましょう。
 
この返済シミュレーションは自分が借りる元金から金利など、簡単な情報を入力するだけで自動的に利息を計算することができるシステムなので、これを利用すれば問題なく手数料がいくらなのか把握することができます。これを利用するときに利率がどのくらいかわからないという人は自分の契約内容を確認するようにしましょう。
 
また、これからキャッシングの申し込み先を探すという人は金利比較をしながら様々な利率を入力して、各社において金利が変わることからどのくらい手数料としての違いがあるのかをシミュレーションしてみるのもかなり効果的な活用となります。やはり、こうして利息を実際に計算しながらその金額を比較してキャッシングの申し込み先を探すことは自分にとって借りやすいところを見つけやすいものです。
 
 

銀行カードローンが人気なのがよくわかる

このように自分で利息を計算したり、シミュレーターを活用してしっかりと手数料を把握すると、いかに各社において手数料の負担額が違うのかが分かります。こうして申込先を探していくと銀行カードローンが人気な理由もよくわかるものです。銀行カードローンは消費者金融に比べると金利設定が低い会社が多くあります。
 
しかも、銀行カードローンの低金利の特徴は下限の利率が低いだけではなく上限の利率、要するにその会社が設定している一番高い利率も低くなっているので、高所得者でなくても万人にとって安い手数料からキャッシングを利用しやすいというメリットがあります。上限利率が低金利になっているということはその会社において大きな限度額を持てばさらに低金利が採用されることになるので、どのくらいの限度額を持つにしても他社と比較した場合はやはり手数料が安くなってきます。
 
これも自分でしっかりと利息を算出してみると金額として違いを把握することができるので、一度やってみるとよいです。本当にキャッシングはどのくらいの金利からお金を借りることができるのかによって、大きくメリットが変わってきます。しっかりと各社の金利に注目をしながら申込先を探していきましょう。
(⇒キャッシングの金利と融資額はどのような関係があるの?

 

タグ :

お金に関する事情 返済 お金に関する事情 金利

キャッシングの金利と融資額はどのような関係があるの?高額借入は低金利


スポンサーリンク

キャッシングの金利と融資額の関係

キャッシングを利用する際には返済の良ことを考えていなくてはなりませんが、返済の際に支払う金額は、ケースで元本よりも高くなることはあります。
 
この元本よりも高くなるというのは利息が発生しているからであり、その利息の金額を計算する際に用いられるのが金利です。
 
例えば一年当たりの金利が10%で100万円を借り、翌年同月だけで一括返済をする場合、返済時には100万円×10%=10万円の利息が生じるということになるのです。この利息という部分に関しては割合によって算出されますから、当然キャッシングにおいては「借りた金額が大きいほど多くの利息を含めて返済しなくてはならない」ということになるのです。
 
さて、しかしながら今日のキャッシングにおいて、全ての融資において金利が一定で定められるということはほぼありません。
基本的には高額の借入ほど少ない利息で済むように、少額の借入ほど多くの利息を支払わなくてはならないように組まれているものです。このように決まっているのにはさまざまな理由がありますが、借入をする際には常に自分がどれくらいのお金を借りるのか、またそれによってどれくらいの利息が発生するか確認する必要があります。
 
 

より低金利でお金を借りる方法

では利息とはこういったものだということを確認したうえで、どのようにすれば利息が少ないキャッシングを利用できるかを考えてみましょう。まず最もシンプルな方法としては「大金に借り入れる」ということになります。
 
どれくらいのお金を借りれば最低の利率になるかはそれぞれのキャッシング業者にもよりますが、おおよその場合は500万円など、百万円単位の借り入れをする必要があるでしょう。融資額が大きいのであれば利息は少なくて済むという関係があるわけですから、これであれば最小の利息で済みます。
 
ですがこれは現実的ではありませんから、方法としてはもう一つの方法である「業者を比較する」という方法が主流になるでしょう。キャッシングの融資については上限金利が法律で定められてこそいるものの、下限については特に定めがありません。そのため極端な話、利息は一円も頂きませんというような形でも問題なく貸すことができます。
 
実際にはそうした設定はキャンペーンでしか行われません(アコムやプロミスなどの無利息キャンペーン)が、条件を比較していけば自分の希望する融資額で最も安く借入できる場所は必ず存在しているのです。最終的な負担を少なくしたいのであればしっかり比較しましょう。
 
 

限度額と利息が関係してくる理由

さて、しかしここで少々気になるのが「どうして融資額が増えれば金利が安くなるのか」ということです。これについて最も大きな理由となっているのが「リスクヘッジ」の問題です。現在のキャッシングでは借入前に審査が行われ、そこで限度額が決定されるようになっています。信用が優れているほど限度額は高く、そうではないほど限度額は低くなるのが通常です。
 
つまり「高額借入可能=信用できる相手」ということが言えます。もし信用できる相手がお金を貸してほしいというのであれば、その人には他社よりも自社を選んで借り入れてもらった方が儲けに繋がります。大金に貸し付けても返済してくれることが約束されているのであれば、業者はリスクを負うことなく利益を出せるからです。
 
しかしその反面、限度額が低い顧客への融資ということでは必ずリスクが生じます。返済をしてもらえなくなったということになればその業者は大きな損失を出しますから、ここで利率を高くして「少しでも早く元本を回収しよう」という動きが出るのです。この他にも単純に少額融資で低利率と利息が発生しづらいというような理由も絡みますが、限度額との関係は主にここにあるのです。
(⇒低金利のキャッシングの審査ってどんなもの?

 

お金に関する事情 金利

低金利キャッシングの審査は?~収入証明不要のキャッシングは審査早い


スポンサーリンク

やはり審査は厳しくなる

低金利と言えば消費者金融よりも銀行カードローンの方が有利な状況にあります。
 
そのため、キャッシング選びにおいてとにかく利息を抑えることに重点を置くのであれば銀行カードローンから借入先を探していくようにしましょう。低金利のキャッシングの審査はやはり通常に比べると厳しくなることが多いものの、難易度が高くなるかどうかは基本的に限度額次第であると覚えておきましょう。
 
逆に限度額を小さく持つ場合は銀行カードローンの低金利を選んでおく方が審査に合格しやすいこともあります。その理由は収入証明書の提出が不要となっているサービスがあるからです。色々とキャッシング情報を調べるとすぐに分かりますが、身分証明だけでも申込むことが出来る会社があり、それらの会社では限度額100万や200万など、割と大きな金額まで対応しているので、そのくらいの金額までなら身分証明だけで簡単に借入することが出来きます。
 
このくらいの限度額は上限利率に近い金利が適用されますが、それでも上限利率を他社と比較した場合に銀行はやはり上限利率すらも低金利となっていることから、小口融資なら簡単に低金利でキャッシングを利用することが出来るのでこの情報はしっかりと抑えておきましょう。
 
 

収入証明不要は他社借入に注意

収入証明不要のキャッシングは低金利からお金を借りることができ、しかも審査に合格しやすいことが魅力ですが、これに申込をする時は他社の借入に注意をしておきましょう。申込先のキャッシング情報を見ると理解出来ますが、他社総額でいくらまでなら収入証明の提出が不要となるのか、この点に注目しておくことが大事です。
 
大抵、他社総額で100万から300万ほどに設定されているので、これは参考に覚えておきましょう。要するにこれはどのような意味かというと、他社でお金を借りている場合はその金額とこれから申し込みにおいて希望する金額をトータルとして合算しておき、その金額が指定されている金額より上か下かによって収入証明の有無が変わってくるということです。
 
例えば、他社総額100万ですでに他社で100万借りているなら収入証明不要のキャッシングへ申込をしても、申込時に収入証明の提出を求められることがあるということです。これは注意をしておかなければなりませんし、基本的に他社の借金は少ない方がこれから申し込む会社において合格を目指しやすくもなります。申込までに出来るだけ他社の借金は返済しておくのが良いです。
 
 

下限利率が採用される条件を知ろう

キャッシング選びにおいてどのような会社でも下限利率はとても魅力的な金利になっています。この低金利を採用してもらうにはどうすればよいのかを知っておきましょう。
 
これはとても単純な仕組みでこれから申し込む会社において一番低い金利を採用してもらう為にはその会社が設定している最大極度額を持つことが条件となります。最大極度額500万で金利が5%から18%という内容ならば、一番低い5%の金利を採用してもらうためには500万の限度額を保持する必要があるということです。
 
つまり、どのような会社へ申込をするにしても下限利率を採用してもらうには相応に高い返済能力を証明しなければならないということです。大きな限度額を持つためには絶対に自分の年収から良い評価を得る必要があるので、高所得者でなければ下限利率を利用することは難しいものです。
 
基本的な考え方としては自分が狙えるであろう限度額において各社でその限度額に採用している金利を比較していくと、その限度額に対する金利の相場の中でもお得な利率となっている金融会社を見つけることが出来るので、基本はこのスタンスから申込先を探していくようにしたいものです。

 

タグ :  

お金に関する事情 審査 お金に関する事情 金利

知っておきたい!キャッシングの借り換え~銀行カードローンでの借換は低金利でいい


スポンサーリンク

金利を見直す事でお得なキャッシング

最近は低金利時代と言われているのですが、金利が1%違うとどれだけ利息が変わるのかを知っておくことはキャッシングを利用する人は必須と言えます。
 
50万円を金利18.0%と17.0%で借りた場合の1年間の利息は次のようになります。

50万円を金利18.0%で借りた場合の30日間の利息は、50万円×18.0%÷365日×30日=7,398円
金利17.0%で借りた場合は、50万円×17.0%÷365日×30日=6,987円

 
この二つの差額は、7,398円-6,987=411円と言った金額になりますが、これは30日分の利息ですので、1年に換算すれば簡易的な計算では411円×12か月=4932円の違いが生じることになるわけです。これは僅か1.0%の金利の差によるものとなりますので、金利の差が多くなるほど利息にも影響を及ぼす事になります。
(⇒キャッシングの利息の計算方法
 
現在キャッシングを利用している人の中には借り換えを利用して利息を減らしている人も多くいるのですが、現在のキャッシングの金利よりも、借り換え専用ローンの金利が低くなることで利息分を減らすことが出来るので月々の返済額を減らせるのです。
 
 

キャッシングの審査と年収について

キャッシングの申し込みをする時には必ず審査が行われますが、10万円や20万円と言った金額の場合などでは年収による審査は行われません。一般的に消費者金融の場合は、50万円を超える申し込みと、借金の総額と借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合は総量規制の対象になるため、年収証明書の書類が必要になります
 
また、銀行の場合は総量規制対象外となりますが、300万円を超える場合など提出が必要な場合が在りますので、利用する時には事前に確認をしておいて、必要に応じて提出出来るようにしておく事がお勧めです。
 
因みに、みずほ銀行カードローンは200万円まで、プロミスは50万円まで、原則収入証明は不要です。
 
尚、本人確認書類や年収の証明書類を事前に用意しておくことで、申し込みから審査、そして融資の実行までを短時間で済ませることが出来るので、即日融資も可能になるのです。
 
例えば、平日の午後2時までに必要書類を送付する事で、その日の内にキャッシングの利用が可能になるケースが多く在り、急にお金が必要になった時などでも即日融資を受けることが出来ると言ったメリットが有りますし、借り換えの場合でも、即日融資を受けることで、早期の段階で借金を返済する事が可能になるため、利息を減らせると言ったメリットが有るわけです。
 
 

借り換えのタイミングとコツについて

借り換えを行うタイミングは早い時期に行えば行う程効果を期待出来ます。
 
100万円の借金の金利が14.8%、借り換えローンの金利が13.5%だとすると、14.8%の金利では1か月あたりの利息は12,165円、13.5%では11,096円であり、1年間での差額は(12,165円×12か月)-(11,096円×12か月)=12,828円となるわけですので、一日でも早く借り換えを利用した方が利息分を減らせるわけです。
 
借入をする場合は金利の低いローンを探すことが大切で、消費者金融や銀行などの金利を比較をして現在の借金の金利よりも低いローンを利用する事がコツです。
 
因みに、消費者金融には総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える貸付は行われていません。借金の総額が既に1年間の収入の3分の1を超えている場合は、審査に通る事は出来ないと言う事でもあるのです。
 
しかしながら、貸金業法の中には例外での貸付が認められており、自分の1年間の収入の3分の1を越えている額でも金利が安いローンを利用する事で利用する側は一方的に有利になることからも、自分の1年間の収入の3分の1を超えている場合でも利用出来ます。

 

タグ : 

借入の種類 借り換えローン お金に関する事情 金利

ローンカードとは?1枚あるとお金のピンチに即日借入も可能で便利


スポンサーリンク

ローンカードを利用したキャッシング

キャッシングを利用してお金を借りる場合に、知っておくと便利な言葉としてローンカードという言葉があります。ローンカードとは銀行や消費者金融などから資金を借りる場合に発行されるカードのことを言います。
 
ローンカードを利用して資金を借りることにはさまざまな利便性があります。ローンカードを利用したキャッシングは幅広い場所で資金を借りることができるのが最大の利点です。契約をした銀行や消費者金融のATMだけではなくて、それらの銀行や消費者金融が契約しているコンビニエンスストアのATMを利用して金銭の融資を受けられる場合もあります。
 
また店舗に赴いて融資を受けるよりも、幅広い時間帯に融資を受けられることが多いのも特徴です。ローンカードを作ってさえおけば、融資が必要になった時に借入がしやすくなっています。
 
その他にもカードを利用したキャッシングには便利な使い方が多様にあります。契約をした極度額の範囲内ならば何回でも借入ができるカードが多いので、計画的に融資を受けることができるのも魅力です。現在借りている分と今後支払うべき元本や利息などを計算しながら借りることで、より安全な使い方ができます。
 
 

カードを利用したキャッシングの借入方法

カードを発行するキャッシングサービスを利用する場合には、カードを発行する銀行や消費者金融などと契約を行なう必要があります。ローンカードはクレジットカードを発行している会社などが発行している場合もあります。これらの契約を行なう場合には申し込みをする必要がありますが、申し込みがされた場合には契約ができるかどうか会社側で審査が行われます。
 
資金の融資を行う場合に融資をする会社が最も問題にするのが相手の返済能力です。融資をしてもそれが返済される可能性が低いと思われるような相手とは、契約がされない場合があります。こうした契約を断わられるタイプの利用希望者としては安定した収入を得られる仕事に就いていないような人が挙げられます。
 
ですが会社によって契約を結ぶ基準は異なっているので、一つの会社で契約を断わられた場合でも他の会社と契約を結べるような場合もあります。銀行やクレジットカードの会社のカードローンなどは契約をする相手の安定した収入の有無をより重視する傾向があると言われていますが、消費者金融のカードローンはそれよりも審査が緩くなっている会社も少なくありません。その分幅広い人が利用しやすくなっています。
 
 

カードによるキャッシングの返済方法など

専用のカードを利用して資金の借入を行うことの利点として、返済方法が多様であることも挙げられます。カードを利用することで様々な場所で融資を受けた金銭を返済しやすくなっています。融資を受けた会社のATMで返済ができるのは当然として、提携をしている会社のATMなどでも利用できるカードなどは、より返済がしやすくなっています。中にはコンビニエンスストアのATMで返済できるようなカードもあるために、買い物で立ち寄ったついでに返済できる場合もあります。
 
返済方法として一括して融資を受けた方法を返済する方法や、分割して金銭を返済する方法を選べるカードがあります。分割して返済する方法の中にはリボルビング方式など、毎月の返済額が一定になるように計算されて、返済額が決定されるようなものもあります。こうしたタイプのものは毎月の返済額が一定のため、家計のやりくりがしやすいのが特徴です。
(⇒キャッシングで借入するなら知っておくべき!無理のない返済方法
 
その一方で一括して金銭を返済する方法にも大きな利点があります。それは支払わなくてはいけない利子を少なくできることです。分割して支払う場合には長期にわたって返済をしなければならないために、その分利息を多めに支払わなくてはいけないからです。

 

タグ :

お金に関する事情 審査 お金に関する事情 金利