キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

カードローンの職場への電話連絡~在籍確認とは?在籍確認なしのキャッシングもある


スポンサーリンク

勤務先への在籍確認について

日ごろから何があってもいいように、しっかり貯金をしている人はいいですが、あまり貯金がないという人は、突然まとまったお金を用意しなくてはいけない時はとても困ってしまいます。周りの人がお金を貸してくれればいいですが、そういう人がいない場合は、金融業者からキャシングするといいでしょう。
 
キャシングというと、あまり良いイメージをもたない人もいますが、最近はわざわざ店舗まで行かなくても、簡単に申込むことができるので、いろんな世代の人が利用するようになりました。
 
金融業者に申込む場合は、自分の電話番号の他に勤務先の電話番号を書かなければいけません。会社が大きい場合は、代表の電話番号を書いても取り次いでくれないこともあるので、自分が働いている職場に直接通じる電話番号を書くことが大切です。
 
勤務先に金融業者から電話がかかってくる場合は、在籍確認の時が多いです。これは本当に申込用紙に書かれた勤務先で働いているか、電話をかけて確かめるものです。本人が電話に出た場合は、簡単な質問だけで審査は終了しますが、本人が営業などで電話にでられなくても、その職場に在籍していることが確認されれば、在籍確認審査は終了となります。
 
 

職場に金融業者から電話がかかってくる場合とは

カードローンを利用して資金を借りる人は、最近とても増えてきました。都会だけでなく地方の銀行や信用金庫でも、いろんなローン商品を用意しているのですごく人気があります。カードローンは継続的な収入さえあれば、どんな職業の人でも申込めますが、なかには働いていないのにお金が必要なので、嘘の勤務先を書く人もいます。
 
しかし嘘の勤務先を書いても、電話をかけて本人がそこに働いているか確かめるので、すぐに嘘がバレてしまいます。職場に電話がかかってくると、周りの人に金融業者に借金をすることが知られてしまうんじゃないかと、心配する人もいますが、金融業者名で電話をかけることはなく、個人名で電話をかけてくるので周りに知られる心配はいりません。時間を指定して電話をかけてもらうこともできるので、他の人が出かけている時間を指定して電話をかけてもらえば安心です。
 
金融業者の中には、WEB完結で電話確認をしない所や、社員証や社会保険証など、その職場で働いていることが証明できる書類を提出することで、電話確認をなしにする所もあります。よく担当者に相談してみるといいでしょう。
 
借金の遅延などが続き、本人と連絡がとれない時は職場に電話がかかってくることもあるので気をつけてください。
 
 

在籍確認の電話の注意点

家族や会社に内緒で、金融業者からお金を借りたい人もいます。最近は携帯電話の番号だけでも申込めるので、自宅に連絡がくることは少なくなりました。WEB完結やローン契約機を使えば、カードが自宅に配達されることはないので、家族に金融業者から借金することはバレずにすみます。
 
ただし勤務先の電話番号は書かないといけないので、本人と連絡がとれない時は職場に連絡が入ることになります。めったに金融業者から電話がくることはありませんが、それでも申込み時に書類の不備があったり、記入漏れがあったりすると電話がかかってきます。借金を返済せず、しばらく放置していると職場に何度も電話がかかってくるので、延滞などはしないように気をつけましょう。
カードローンに申込むと、ほとんどの金融業者は電話で在籍確認審査をおこないます。
 
個人名で電話かけるため、キャシングをすることが周囲に知られることはないので安心です。
 
アルバイトやパートの場合は、電話を取り次いでくれないこともあるので、あらかじめ会社の人に電話がかかってくることを伝えておくといいでしょう。派遣社員の場合は、働いている派遣先ではなく登録している派遣会社に電話がかかってくるので気をつけてください。

 

コラム

総量規制対象外のカードローンとは?~ゆうちょ銀行でのキャッシングは総量規制対象外


スポンサーリンク

総量規制とはどのような規制なのか

総量規制は年収に対する規制であること、貸金業者に対して規制が設けられている事、そして多重債務になる人を減らす目的で導入された規制です。多重債務と言うのは2社以上(又は他社借入3件)から借入を行っている人の事を意味しており、多重債務者になる人の多くは返済のために新たな借入を行って支払いを行うと言った事を繰り返すケースが多くあります。
 
支払をするために新しく借入をすれば、借金の額は雪だるま式に膨らむ事になり、自己破産をしなければならなくなるケースも少なくありません。しかし、総量規制を導入する事で、一定額以上の借入が出来なくなるため、多重債務になる人を減らす事が出来る言う考えの下で規制が設けられています。
 
具体的には、年収の3分の1を超える額の貸付を禁じているのが総量規制で、適用されるのは信販会社のキャッシング枠、消費者金融の個人向けローンなどであり、消費者金融を利用する場合は、申し込み可能額は年収の3分の1以内となり、他社からの借入れがある場合は、年収の3分の1から借入額を差し引いた額になります。
 
尚、総量規制は消費者金融などの貸金業者に対する規制で、銀行の場合は総量規制が適用されないため総量規制対象外と言われています。
 
 

カードローンには総量規制対象外もあります

総量規制は多重債務になる人を減らすと言う目的があります。年収の3分の1以内と言う制限が設けられているわけですが、他社からの借金がある場合は借入額が年収の3分の1から差し引かれることになります。借入があるかどうかというのは、個人信用情報を照会する事で明確になるため、申し込みをする時には正しい情報を記載しておく必要があります。
 
銀行は消費者金融と違って銀行法と呼ばれる法律の下で運営を行っており、総量規制は貸金業法の法律で定められた規制と言う事からも、法律そのものが異なるので銀行は総量規制の対象外と言う事になります。そのため年収の3分の1以上の融資を受けることも出来ると言う事です。
 
しかしながら、お金を借りる場合は、借りたお金を支払える能力が必要になるため、総量規制対象外と言っても返済能力が無いと判断されれば融資を受ける額は減ることになります。
 
因みに、カードローンと言うのは専用のカードを使用して、ATMやキャッシングディスペンサーなどを利用し、現金を引き出して利用する事が出来る個人向けのローンです。
 
審査を受けることで利用限度額が決められるので、その限度額の範囲の中で何度でも繰り返してお金を借りる事が出来ると言った特徴があり、一度契約手続きを交わせば必要な時に限度額の範囲内でお金を借りる事が出来ると言う事です。
 
 

カードローン「したく」は総量規制対象外

カードローンの「したく」と言うのは、ゆうちょ銀行の個人向けローン商品になりますが、ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローン代理店としての役割を持っています。また、「したく」の申し込みをすると、ゆうちょ銀行の他にスルガ銀行の審査も受けることになりますが、「したく」は保証人が不要になる代わりに保証会社でもあるスルガ銀行の保証を受けることが条件になっています。
 
そのため、ゆうちょ銀行とスルガ銀行の二つの審査を受けることで、通過した場合に限りカードローンを利用する事が出来るようになると言う事です。
 
尚、「したく」は銀行の個人向けローン商品と言う事からも、消費者金融のように年収の3分の1以内と言った規制がありません。これは総量規制対象外とも言われているもので、銀行からの融資は全てが総量規制の対象外と言う事になります。
 
しかし、総量規制対象外と言っても、年収の3分の1以内という制限が無いだけであって、返済能力が無いと判断されてしまえば、年収の3分の1以上の借入も難しくなります。お金を借りた場合には、支払いがきちんと出来る事が最低条件になっているので、収入に応じた返済能力を満たす金額の範囲内での借入が出来ると言う事です。

 

コラム

消費者金融と銀行、業界の裏側


スポンサーリンク

全ての鍵を握っていたのが貸金業法改正

お金を借りる金融機関として、消費者金融と銀行があります。貸金業法には総量規制というものがあり、消費者金融は貸金業法の元営業をしています。総量規制では年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されます。この法律は2010年に完全施行されました。また同時期に過払い金の問題も消費者金融の大きな悩みの種となっていました。
 
過去のグレーゾーン金利が撤廃されたことによって、貰いすぎていた過払い金を返還することになっていったためです。貸し出し残高が減少する中、過払い金による支払いが増えてしまったため、多くの消費者金融は経営状態が大きく悪化してしまいました。
 
そこで銀行のグループとなることで生き残りをかけたのです。銀行にとって見れば無担保ローンの審査ノウハウを取得でき、顧客も増えるため、お互いにとってメリットのある再編となりました。消費者金融側からは銀行と手を組むことでイメージアップをはかることや、経営の後ろ盾を得ることができました。
 
 

審査が厳しいと金利が低いワケ

銀行のカードローンは金利が低く設定されていますが、消費者金融でも顧客によっては低金利で貸し出しをすることがあります。実は金利とリスクは非常に密接な関係があるのです。破綻してしまう恐れがある顧客は契約ができたとしても高い利息を払わなくてはなりません。リスクが低い人ほど、好条件で借り入れをすることができます。
 
これはキャシングやカードローンだけではなく、国債や社債などでも同様です。リスクの高い人・会社・国ほど資金の調達コストはたかくなるのです。まず審査が厳しい金融商品は高いリスクの人をふるいにかけていますので、自然と好条件で契約ができるようになるのです。今後破たんする人が減ってこれば消費者金融のカードローンももっと好条件で契約ができる商品になってくる可能性があります。
 
また収入証明を提出するなどして、リスクが低いことをアピールできれば、簡単に限度額のアップや契約内容の見直しをしてくれます。銀行よりも消費者金融のほうが融資や相談に関しては積極的です。
 
 

総量規制は絶対ではありません

総量規制は年収の3分の1までしか借り入れをすることができませんが、顧客に一方的に利益がある場合は例外として扱われます。またビジネスローンのような個人事業主向けのローンも総量規制の対象外となっています。
 
上手に消費者金融と付き合うことによって、一方的に利益を得られるような希望内容だった場合、例外として扱ってもらえる可能性が出てきます。例えば他社の借入を一気にまとめることによって、より利息を低くすることができるような場合です。他社の借入をまとめる場合は返済が終わった会社の契約は解約しておくと良いでしょう。
 
利用せずに持っているだけでもまた使ってしまうこともあり、そうなると総合的に借入残高が大きくなってしまうためです。会社によっては解約証明の提出をお願いされることもあります。銀行も消費者金融も多くの会社と付き合いをするのではなく、できれば付き合いやすいところを見つけて長い信頼関係を築いていけると良いでしょう。

 

コラム

カードローンでお金を借りる前に~友人や両親にお金の借入を相談してみる?


スポンサーリンク

完済できるかどうかを確認する

お金を借りる前に絶対に確認しておくべきことがあります。それは、その借金を確実に完済できるかどうかという点です。これは返済シミュレーションなどを行うことにより見通しを立てることができますが、もしそれで完済の見通しが立たなければ、お金を借りるべきではありません。
 
返済シミュレーションでギリギリ大丈夫と思える場合もあるかもしれませんが、そういう場合でも、実際に借入を行うとどんなトラブルがあるか分かりませんので、回避したほうがいいでしょう。借入を行ってもいいのは、余裕をもって完済できると分かる場合だけです。
 
そのことについてお金を借りる前にちゃんと確認するようにしてください。
 
借金を急ぐ場合はこの点をおろそかにしがちですが、無計画に借金をすると後で後悔することもあるので、この点を気をつけてください。
 
 

信頼できる業者から借りること

借入を行う際は、自分が借りようと思ってる業者が信頼できるどうかも確認してください。
 
合法的な会社であるかどうか、闇金やソフト闇金業者でないか、過去に悪い評判がある会社でないかどうか、できるだけ詳細に調べるようにしましょう。合法的な会社であればそれだけで安心するかもしれませんが、営業方法や実績、金利、審査のことなど、できるだけ詳しくその業者のことを調べる必要があります。
 
闇金業者であれば、調べるもなにも、利用自体を行ってはなりません。
 
闇金業者は利用すること自体が違法であり、利用できても法外な金利を取り立てられることを知らなければなりません。一度利用したらそれで最後、利息があまりにも高額で、いつまでも利息だけを支払い続け元金が減らない借金地獄に陥ってしまう可能性があります。
 
 

親や友人に借金できないか確認する

お金の借入はしないに越したことはありませんが、どうしてもしなければならないなら、なるべく親や友人にからしたほうがいいでしょう。親や友人であれば高金利をふっかけられることはありませんし、厳しい取り立てなどもありません。
 
返済はルーズになってはいけませんが、仮に期日を過ぎたとしても、遅延損害金を求められることもなければ、それによって裁判沙汰になることもありません。
 
このように親や友人からの借入は業者に比べて安全性が高いので、まず業者に借りる前に、親や友人から借入できないかどうかを確認してみましょう。
 
それを確認して無理だと分かったら、そのとき初めて業者から借入する方法を模索するようにしてください。ともかく、慌てて金融業者から借りないようにすることが大切です。

 

コラム

葬儀代がない!?お金を支払えない時は、一括見積での費用削減やカードローンの融資に縋る


スポンサーリンク

葬儀代はいくらかかるの?

人の死は事前に予期できるものもありますが、そのほとんどは本当に突然大切な人を襲うものです。遺族は大切な人の死に大きな悲しみを感じるものですが、しかしながら現実のことを考えないというわけにも行きません。
 
そして大切な人の死後にまず現実として行わなくてはならないものが葬儀であり、そこで必要になるのが葬儀代です。では葬儀代はいくらくらいかかるのかと言うと、これはそれぞれの人によってかなり差があります。特に近年では家族葬など費用を抑えたプランが人気を集めるようになっていますから、そこで必要になる費用もかなり多様化して来ています。
 
とはいえ全体の平均値と言うことで言うのであれば、その金額はおよそ180万円から200万円ほどだとされています。ただ葬儀の際には香典などを頂戴することも出来るわけですから、全ての金額を自己負担で支払う必要はありません。そのため半額ほどが香典で帰ってくると仮定するのであれば、遺族の持ち出し費用はおよそ100万円ほどだという異なるでしょう。
 
こうした費用に関しては貯蓄で賄うことができれば問題は無いのですが、しかしその貯蓄が無いというような場合には、どうにかしてお金を工面しなくてはならなくなります。
 
 

葬儀代を工面する方法

では葬儀代を工面する方法としてはどういった方法があるのかと言うと、最も手軽に行える方法となっているのがキャッシングやカードローンといった借り入れです。こういった借り入れに関しては抵抗感を感じる人もいるのですが、冒頭で述べたように葬儀代は突然必要になります。
 
銀行などのローンを借りることも選択肢ではありますが、審査に時間がかかることなどを考えると少々問題があると言えるでしょう。もちろん銀行の融資審査が終わるまで待つことができるのであれば問題はありません。ただ速やかに費用を用意しなくてはならないなどのことになった場合には、即日融資も可能なキャッシングやカードローンが非常に便利なものになるのです。
(⇒よく聞く「キャッシングサービス」ってなんのこと?
 
ただしかし、ここで葬儀代を工面した後、そのまま返済するというのはあまり賢い方法ではありません。特に貸金業者の金利は比較的高いわけですから、最終的な返済総額が大きくなってしまう可能性が非常に高いと言えます。そのため貸金業者から借りたお金で当面の支払いを済ませた後には、改めて銀行の目的融資などを受けて一括返済をするようにした方が良いでしょう。
 
また各金融機関では借り換えにも対応してくれていますから、借り換えを利用することも選択肢の一つです。
 
 

葬儀代を安くするにはどうすれば良い?

ただそうした方法でお金を工面することができると言っても、一番最初に考えるべきなのはかかる費用を出来る限り少なくすることでしょう。ではどのようなことに注意をすれば葬儀代を安くすることができるのかと言うと、まず行うべきは一括見積もりの請求です。一括見積もりでは葬儀を行う場所に対応している複数の葬儀社に対して見積りを請求し、その中でも最も安い価格を提示してくれるような業者を見つけることが出来ます。
 
※参考サイト
いい葬儀
http://www.e-sogi.com/
 
お葬式 消費者相談.com
http://www.sogi-annai.com/
 
複数社から比較して最も安い業者を見つけることができれば、かなり費用は抑えられるようになるでしょう。またプランを細かく検討することも有効です。もし多くの人を呼ばずに親しい人だけで済ませるのであれば小規模な会場だけで済むために費用を抑えることが出来ますし、祭壇や通夜振る舞いなどに関しても細かに検討していくことが出来ます。
 
最近だとこうした内容について細かに対応してくれるような葬儀社も出てきていますし、大手のスーパーマーケットチェーンなどが葬儀業界に参入したことも話題になりました。比較的最近の話であるためまだ業界全体の変化にはなっていませんが、今後大手の業者が新規に業界参入を果たせば状況は大きく変化する可能性がありますので、ここもしっかり見ていきたいところです。

 

コラム

カードローンとキャッシングは別物?それぞれの特徴について~即日融資はメリットあり


スポンサーリンク

両者は全く同じサービス

キャッシングとカードローン、これは金融商品でよく見る名前ですが、そのサービス内容を見ると一体何が違うのかよくわからないという人も多いと思います。先に答えを言いますと、これは名前が違いますが全く同じ性質の商品です。つまり、どちらを利用しても全く同じサービスを利用できるという事です。
 
そもそも、この二つの違いを色々と論じて、違うサービスであることを定義付けすることは出来ないことはありませんが、それをする意味がないので省略します。
 
サービス内容において何か一点でも違いがあるなら、区別して覚えておく必要がありますが、全く何も違いがありません。ちなみにクレジットカードを作るときにキャッシング機能を付けることが出来ますが、これは金融会社のサービスにおいてクレジットカードにカードローンをつけるという表現はあまり見かけません。
 
しかし、このように表現してもサービス内容が同じなのですから、別に問題はありません。利用者にとっては現金を借りたい時にこの2つのサービスのどちらかを利用することが多く、両者は結局フリーローンという位置づけになるので、本当にそのサービス内容には大きな相違点はなく紛らわしいものです。
 
 

年収で利用限度額が決まる

キャッシングもカードローンもフリーローンです。フリーローンというのは使途、お金の使い道のことです。例えば、車ローンの使途は車に限定されていますし、住宅ローンの使途は住宅に限定されています。フリーローンの使途は事業資金以外ならば何でも可能となっています。ギャンブルをするためでも借り入れ可能です。
 
キャッシングもカードローンも、利用限度額は自分の年収で決まります。年収が高い人ほど、それを証明すれば相応の高い限度額を持つことができます。
 
また、キャッシングもカードローンもこの年収を考慮するときは他社借入もセットで考慮しなければなりません。年収100万円で借金ゼロなら100万を返済に充てることができる、同じ100万でも借金50万あるなら、その金額を引いて50万を返済に充てることができる、こうしたニュアンスで覚えておくと分かりやすいです。
 
実際、どちらの審査においてもしっかりと返済能力が問われる内容ならば、上記のように自分の収入や他社の借金は細かくチェックされることになるので、人によってはそれなりに収入が高くても借金がたくさんあることで審査に通ることができないケースもありえるということです。
 
 

年利は日割り計算として利息を把握すればよい

キャッシングもカードローンも金利は年利として表記されていますが、年利という難しい言葉はあまり意識する必要はなく、単純に利息は日割り計算と覚えておけばよいです。キャッシングもカードローンも利息の計算方法は同じです。元金×利率÷365日×借入日数が日割り計算の方式です。自分がサービスを利用したときにこの計算方式に数字を入れて計算をすれば返済日に支払う利息を算出することができます。
(⇒キャッシングの利息の計算方法
 
要するにお金を借りている状態で、その借金に自分に適用されている利率をかけて365日で割ると1日に対する利息を算出することができ、後は返済日から返済日までの日数分をかけると返済日までの利息を算出することができるというわけです。
 
両者のサービスにおいて金利だけは本当に重要なポイントであり、ここでいかにしてメリットを得ることができるのかを考えなければなりません。計算をするとわかりますが、利率はほんの少しの違いでも借り入れする金額によってかなり利息が変わってくるので、本当に金利は低いに越したことがなく、低金利を実施している金融会社はとても大きなメリットがあります。金利をしっかりとみて選ぶようにしましょう。

 

タグ : 

コラム