キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

携帯電話料金の滞納や連帯保証人になってる場合、自動車ローンの審査に影響するの?


スポンサーリンク

同居人の信用情報のせいで審査落ちすることってある?

自動車を購入するときに、現金で一括購入する人はあまりいません。自動車ローンはそれほど金利も高くないので、ほとんどの人がローンを組んで分割払いで自動車を購入します。
 
しかし、「自動車ローンの審査に申し込んだら、落ちてしまった。自分は収入もあるし、過去に延滞をしたこともないのに・・・」ということがあります。こんなときは、もしかしたら同居人の信用情報などが原因になっているかもしれません。
 
もちろん、信用情報を照会するためには本人の同意が必要になるので、原則として同居人の信用情報が見られることはありませんが、稀に信用情報を照会したときに同居人の信用情報が出てくることがあります。このときに、同居人に過去に任意整理や自己破産をした記録があると、自動車ローンの審査に落とされる原因になります。
 
また、そのような同居人の連帯保証人になっている場合には、完全につながりがあるということになり、自動車ローンが借りられないということになってしまいます。
 
 

携帯電話の料金で滞納をしていませんか?

同居人の信用情報が影響することがあるとはいっても、その可能性はごくわずかです。基本的には、本人以外の信用情報が見られることはありません。過去に延滞などをしたことがないのに自動車ローンが組めないという人に多いのが、携帯電話の料金の滞納です。公共料金や電話の通話料金に関しては、延滞をしても信用情報に傷がつくことがないので、「止められる前に支払えばいい」と思っている人が意外にも多いようです。
 
しかし実は、携帯電話の料金の滞納で信用情報に傷がつくケースがあります。それは、電話料金の中に、携帯本体の割賦払いローンが含まれているケースです。携帯本体の割賦払いはローンなので、延滞をすると信用情報に傷がつくうえ、もしもその延滞が3ヶ月以上続いたら金融事故となっていわゆるブラックリストに載った状態になります。
 
過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがないという人も、携帯料金で延滞をしていなかったかを考えてみましょう。
 
 

他に原因がないかを考えてみる

「自動車ローンの審査は甘いのでだれでも通る」という噂があります。しかし、このような噂を鵜呑みにしてはいけません。自動車ローンには、金利が1%~3%程度の銀行のものと、金利が4%~8%程度の信販会社のものがありますが、当然銀行の自動車ローンは審査が厳しくなっています。
 
また、いくら年収が高くて、過去に一度も延滞をしたことがないという人でも、他に多額の借金がある場合にはそれ以上はお金を借りることができない場合があります。例えば、年収が1000万円あるという人でも、銀行から借りられるのはせいぜいその半分の500万円程度だと言われています。
 
自動車ローンでは車を担保に入れますので、それ以上の金額を借りられることもありますが、事故で車が壊れてしまう可能性もあるので、そこまで大きく金額が上がるわけでもありません。生活にはまだまだ余裕があっても、すでに年収の半分程度を他社から借りている場合には、自動車ローンを組むのは難しいかもしれません。

 

借入の種類 自動車ローン

個人事業主はORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)でお金を借りては?運転資金やつなぎ融資など


スポンサーリンク

ORIX CLUB CARDは個人事業主向けローンです

ORIX CLUB CARDは、オリックスクレジット株式会社の個人事業主向けのカードローンです。個人向けローンの中には利用使途が自由となっていても、事業性資金としての使用が認められない事がありますが、ORIX CLUB CARDの場合は個人事業主向けのローン商品であり、運転資金やつなぎ融資としての利用が可能になっています。
 
個人事業主は法人の会社と異なり、運転資金を金融機関から借りたくても、信頼性を重視する銀行などの場合は融資をしてくれない事もあります、融資を受けられるまでに時間を要する事も在ります。
 
尚、ORIX CLUB CARDは1万円から最大で500万円までお金を借りる事が出来ますが、個人事業主などの場合、売り上げが入金されるまでの間の運転資金、融資を受けるまでのつなぎ融資が欲しい時など、ATMを利用して現金を引き出して利用を行ったり、指定の口座に資金を振り込むなども可能になります。
 
運転資金、つなぎ融資が必要になった時など、契約を交わしておけばいつでも利用出来る安心感を得られます。
 
 

申し込みが可能になるのは個人事業主のみ

オリックスクレジット株式会社のORIX CLUB CARDは、最低一万円から利用可能で、最高500万円までの融資を受ける事が出来る個人事業主のカードローンで、オリックスクレジット株式会社と言うのは、オリックスレンタカー等を擁しているオリックス株式会社の完全子会社になります。
 
(参考)オリックスグループサイト
http://www.orix.co.jp/grp/
 
知名度も高いクレジットカード会社になりますが、このカードローンを利用出来るのは個人事業主のみで、アルバイトやパートをしている人は利用する事が出来ません。しかし、個人事業主であれば誰もが利用出来るわけではなく、お金を借りる時には所定の審査を受ける事になります。
 
借金を持っている場合など、借りる事が出来る金額が少なくなることもありますし、個人信用情報の中に延滞などの問題点が記録されていれば審査に通ることは難しくなります。尚、個人信用情報は信用情報機関が管理をしている信用情報であり、現在国内には3つの機関があり、銀行、信販会社、消費者金融などは異なる機関に登録をしています。
 
 

保証会社の保証を受けるのが条件です

ORIX CLUB CARDはスピーディーな対応をしてくれる個人事業主向けのカードローンで、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどからの申し込みが24時間いつでも可能になっています。
 
また、金利も6.0%~17.8%と言った具合に低金利ローンですし、審査時間も最短で60分解り、利用可能となった場合は契約を速やかにかわす事で即日融資も可能です。また、保証人や担保が不要になっているので、資金繰りに困っている時など役立つ存在になってくれます。
 
尚、審査はオリックスクレジット株式会社だけではなく、保証会社になっている新生フィナンシャル株式会社も行うことになるのが特徴です。また、申請フィナンシャル株式会社はレイクや地方銀行のカードローンの信用保証も手掛けているため、新生フィナンシャル株式会社が保証を行っているローンで金融の中での事故を行っていると、審査に通る確率は低くなることになるので注意が必要です。

 

借入の種類 ビジネスローン

カードローンでキャッシングしてる時、マイカーローンの審査は通るの?


スポンサーリンク

ローンの利用使途について

自動車を購入する場合は、一括で購入する方法、マイカーローンやリースを利用する方法などがあります。一括で購入するためには貯金をしなければなりませんし、自動車は高額な事からも、一括購入をするよりもマイカーローンを利用して購入するケースが多くあります。
 
因みに、自動車が欲しいけれども、それほど利用頻度が多く無い場合などでは、維持費だけが多くかかる事になり不経済な状態になるため、レンタカーを利用したり、カーシェアリングを利用する事で無駄な維持費を節約する事も出来ますが、ある程度利用頻度がある場合は、レンタカーやカーシェアリングを利用するよりも、購入した方が経済的になるなど、利用頻度に応じて借りるのか、それとも購入するのかと言った選択肢が出て来ることになります。
 
尚、自動車を購入に利用するローンの事を、マイカーローンなどと呼ばれていますが、マイカーローンは自動車購入のみに利用できるローンと言う特徴があります。
 
これに対して銀行や消費者金融などの個人向けローン商品にカードローンがありますが、これは利用使途が原則自由になっており、買い物や旅行など様々な用途に利用する事が出来ると言った特徴があります。
 
 

自動車を購入する時のローンの種類

自動車購入を目的としたマイカーローンは比較的借り易いと言われています。しかし、カードローンを利用している場合、マイカーローンを簡単に利用する事が出来るかどうかは別の話です。借金がある事で審査の時に影響が起きますし、借入件数は多くなるほど不利になります。
 
また、審査は信用を中心にして行うことになるので、複数の借金をしているなど、お金を多数から借りている状態では審査に通らない事もあります。マイカーローンにはディーラーのローンがありますが、金利は高めではありますが、審査などもスピーディーに行われますし、手続きはディーラーが代行するので手軽に利用出来ると言ったメリットもあります。
 
一方で、銀行のマイカーローンの場合は、金利は低いものの、全ての手続きを自ら行う必要が有りますし、融資が実行されるかどうかは1週間ほど待つケースもあります。そのため、使い易いで言えばディーラーのカーローンの方が借りやすいと言う事になるわけです。
 
尚、金利が高くなることで返済時に含まれている利息分も多く支払う事になるので、最初に銀行のマイカーローンを申し込んでみて、銀行のマイカーローンが駄目な時はディーラーのローンを利用すると言う形で申し込みをするのがお勧めです。
 
 

カードローンを利用しているけれどもマイカーローンは通るか

カードローンは利用限度額の中で繰り返しお金を借りる事が出来る個人向けローンで、契約を交わす事でATMを利用していつでも現金を引き出してお金を利用する事が出来ます。また、使い道は自由と言う事からも、買い物をする時、家具や家電品の購入資金、旅行に出掛ける時の旅費や結婚式、引越など様々な用途で利用する事が出来るようになっています。
 
しかも、利用限度額の範囲内で繰り返し利用出来るので、契約だけをしておいていざと言う時に利用したい人も多くいます。尚、カードローンを利用している人が、自動車を購入する時に利用出来るマイカーローンを利用する事が出来るのか気になる所です。
 
そもそもマイカーローンと言うのは自動車を購入する目的で融資を受けるものであり、利用する場合には担保というものが必要になります。
マイカーローンにおける担保と言うのは、マイカーそのものであり、万が一、ローンの返済が出来なくなった場合は、担保にしている自動車そのものを処分する形になるわけです。
 
これに対して個人向けのローンと言うのは、基本的に担保が要りませんので、申し込みをする人の収入や信用情報などを加味して、融資を行っても大丈夫なのかと言ったことを審査すると言う特徴があります。

 

借入の種類 自動車ローン

住宅ローン審査とカードローンの関係~お金を借りる審査


スポンサーリンク

住宅ローンはカードローンに残高があると影響がでる

マイホームを買うことは人生においてとても大きな買い物なので、慎重にならなければいけません。マイホームを買う場合は、全額資金を用意できる人はあまりいないので、どうしても住宅ローンを組むことになります。
 
住宅ローンを組むには銀行の厳しい審査に通る必要があります。年収や勤続年数などの条件をクリアしたうえで、住宅ローン以外の借入があるかも厳しく調べられます。消費者金融や銀行のカードローンから借入をした場合は、借入総額なども正確に申告する必要があります。
 
借りたローンは完済しておくことは大事ですが、カードの解約をしておかないと、住宅ローンを断られる可能性があります。なぜなら銀行は、他社のローンの借入残高よりも、他社の融資限度額を重要視します。借りれ残高が0円でも、融資限度額が100万円ならば、100万円を借入残高として計算します。できるだけ必要のないカードは解約しておく必要があります。
 
他社からの借入があった場合でも、しっかり完済していれば、住宅ローンには影響があまりないですが、返済遅延などを多くおこしている場合は、気をつけなければいけません。キャシングの遅延だけでなく、通販などの遅延がある場合も注意が必要です。
 
 

カードを解約してから住宅ローンに申込む

突然のアクシデントでまとまったお金が必要になることもありますが、そんな時に頼りになるのがカードローンです。誰にも迷惑をかけなくても自己責任でお金を借りることができるので、とても助かります。限度額以内なら何度でも追加融資を受けることができますが、限度額を高くしすぎると住宅ローン審査に影響が出るので注意が必要です。
 
なぜなら住宅ローンは、申込者の返済能力を慎重に調べるからです。どこに勤務してどのくらいの収入があるかなども厳しくチェックしますが、それと同時に他社からの借金も厳しくチェックします。住宅ローンにどうしても通りたいからと、他社からの借金をごまかして申告しても、個人信用情報機関で履歴が残っているのですぐに借入状況がバレてしまいます。
 
嘘の申告をすると、この人は信頼できないと思われ住宅ローンに通らなくなります。他社の借入は完済しているから問題ないと思っている人もいますが、解約しない限りは限度額を借入残高として計算するので、ローンを完済しても借入残高があると判断され、住宅ローンの借入額も少なくなってしまいます。ローンを完済したら、カードを解約してから住宅ローンに申込むことが大事です。
 
 

住宅ローンに通らない原因

マイホームは欲しいけど、住宅ローン審査になかなか通らないという人もいます。そういう人は返済能力に問題があるケースが多いです。カードローンに複数契約しているだけでも、住宅ローンに通らないこともあります。銀行は借入残高がなくても、融資限度額を調べるので、融資限度額が300万円だと、すでに300万円の借入残高があるのと同じことになります。
 
銀行のカードローンを利用しているからといって、住宅ローン審査に大きく影響することはありません。住宅ローンを組むことで、金利を低くする銀行もあるので上手に利用するといいでしょう。住宅ローン審査は収入が不安定の場合は、不利になります。収入が決して多くなくても、毎月決まった額が入ってくる方が住宅ローンに通りやすいです。
 
過去に返済の遅延があった場合もかなり不利になります。自分は過去にキャシングやクレジットカードの支払いの遅延はないから大丈夫だと思う人もいますが、携帯電話や通販などの支払い延滞があっただけでも、個人信用情報機関に履歴が残るので、返済能力が低い人と思われ、住宅ローンに通らなくなります。金融事故の原因を担当者に説明したり、今後金融事故をおこさない対策を書いて提出すると住宅ローンに通ることもあります。

 

借入の種類 住宅ローン

即日融資法人緊急~今すぐ融資は基本無理?数日間は待つ必要はある


スポンサーリンク

融資の方法を見極めることが必要

法人事業を運営していくという際にはさまざまな局面で資金が必要になるものです。
 
大きな物で言えば設備投資などが必要になるでしょうし、また毎月かかるもので言えば従業員への給与支払いなどもあるでしょう。そうした投資・支払いに関しては常に手元に資金が必要になりますが、しかし手元に常に必要なだけの資金があるとは限りません。
 
特に問題になるのが大きな取引が完了した後で、実際にその代金の支払いが先になるというような場合には「今を乗り切りさえすればなんとかなる」というような状況です。大きな取引をこなすためにはそれなりに手元の資金を使うことが少なくありません。
 
例えば工場で作った部品を大量に買ってくれる業者が出てきたというような場合、その原材料を買うのに資金を費やし、従業員の力で部品に加工し、そしてそれを売却して、最終的にはその代金を受け取るということになります。
 
しかし原材料の買い付けから実際にお金になるまでは時間がかかることの方が多いわけですから、そうしたタイムラグを乗り切るための融資を知っておくということが必要になるわけです。
 
融資の方法としてはいくつかありますが、その中でもピンチを乗り切れるスピーディーなものが「即日融資」と呼ばれるタイプです。
 
 

即日融資は法人事業でも使えます

即日融資と言うと多くの人はカードローンやキャッシングを連想することでしょう。
>>よく聞く「キャッシングサービス」ってなんのこと?~当日中にお金を借入れるサービス
 
しかしこれらの融資はどれも「消費目的融資」として分類されるもので、事業に関しては利用することが出来ません。これは何も嫌がらせの為などではなく、事業に関しては必要な金額(大口融資)が多いこと、そして安定して返済できる可能性が消費目的に使用される時ほど高くないからという根拠があります。
 
当然、審査は事前にするものであり、実際の借り入れに際しては、過去の融資のデータを用いるため、事業のように手元の資金が大きく増減する可能性がある相手には「状況が常に変化する」という理由があるために融資しづらいというのも根拠になるでしょう。
 
しかし、それはあくまでも消費目的の融資としているからで、最初から融資が事業目的としており、法人事業で用いられることを想定して審査などを行えばある程度カバーできるものなのです。
 
そしてそのために生まれたものが「ビジネスローン」などの即日融資であり、現在ではさきほどのような給与支払いなど一時的な借入のように一時的な借入、つなぎ融資として非常に活躍するようになっているのです。
 
活用できればキャッシュフローの効率化に役立つため、法人事業を営んでいるのであれば知っておきたい融資です。
 
 

ピンチの時に即日融資をしてもらうためのポイント

とはいえ通常のキャッシングやカードローンなどの即日融資と同様に事前の審査を受けなくてはならないということには注意が必要です。
 
特にビジネスローンとして銘打っているものだと銀行融資ほどではないにしろそれなりに書類も必要ですから、ピンチになってから申込みをしても融資をしてもらえないというようなこともあり得ます。
 
そのため本当に即日融資、お金が必要な時に必要なだけ借りられるというようにしておくには、ピンチになるよりも先に審査を受けておくべきであるということになります。

審査時間比較

・出光クレジットの事業者向け不動産担保ローン(最短5日)
・アーバンフリーローン(不動産担保型)(3日程度)
・アサックスの不動産担保ローン【事業者向け】(最短1日)
・SAIS◎Nのローン百選 事業者向け 『不動産担保ローン』(最短3日)
・長期間元金据置プラン(MRFの個人事業主・法人向けローン)(最短即日)
・紀陽銀行 紀陽オーナー300(最短即日)
・ビジネクスト 診療報酬債権ローン(2日程度)
 
また注意をしたいのが、こうした即日融資は貸し倒れリスクなど回避のために金利がかなり高く設定されていることが多いということです。そのため最初の方で述べた「給与支払」に関しては問題なく活用できるのですが、設備投資のように一度に何百万、何千万という金額がかかるようであればビジネスローンは向いていないということに注意が必要です。
 
借り入れるのは短期間として考え、手元にお金が入ってきたのであればすぐに返済するというように考えておくことがベストでしょう。
 
ただそうした使い方が主になるとはいえ選択肢の一つとしてあるとかなり経営を楽にすることができますから、法人経営に乗り出すのであればまさに必携と言える存在です。

 

借入の種類 ビジネスローン

初めてカーローン(自動車ローン)を申し込む前に知っておきたい7ポイント


スポンサーリンク

カーローンの金利について大まかに理解する

初めてカーローンに申し込む前に金利について学びましょう。
 
1ポイントは金利についてです。金利とは借りたお金の使用料、手数料といった意味合いです。したがって、金利が低いほど借り手は返済時に有利となります。

金利比較

・十八銀行 車快人(2.000%~3.300%)
・中国銀行 ちゅうぎんマイカーローン(1.950%~4.000%)
・トマト銀行(1.950%~3.150%)
・静岡中央銀行 しずちゅうCSオートローン(1.850%~5.000%)
・仙台銀行(1.650%~4.800%)
・横浜銀行(2.100%~3.900%)
・住信SBIネット銀行 MR.(ミスター)自動車ローン(2.180%~4.366%)
・千葉興業銀行 ちば興銀マイカーローン(2.200%~2.900%)
・東京都民銀行 マイカーローンII(2.350%~3.050%) 
 
2ポイント目は金利の種類です。カーローンでは金利のタイプが2種類あります。固定型変動型です。固定型は金利が一定、変動型は将来金利が変動すれば、それに応じた金利を元に支払いを行うシステムです。国内の金融政策を鑑みて今後インフレが進むと考慮するなら固定が有利と見なせます。今後金利が下がると判断される場合、変動タイプが良いかもしれません。
 
3ポイント目は金利に絡みやすい手数料についてです。カーローンの中には、過度に低金利を謳っている商品もあります。しかし、実際にローン商品の中身を吟味すると、多くの手数料を支払う必要があるケースが多々あります。金利が低くても他に支払う手数料、保証料が多くては意味がありません。
 
初めての人は、目先の金利だけに注目するのではなく、トータルで金利が低いのかどうかを判断しなければいけません。ローン商品の中身を確認するのは面倒かもしれませんが、後の返済に影響しますので、必ず押さえておきたいポイントと言えます。
 
 

初めてカーローンに申し込むなら審査についても理解を深める

4ポイント目はカーローンの審査についてです。初めて融資を受ける人は必ず理解しておくべきです。ズバリ結果から言いますと、審査落ちが怖いからといって、複数の会社へ連続して申し込むのは避けてください。1週間で4社、5社へ申し込みしても審査に通るとは限りません。
 
どちらかと言えば、審査に落とされる確率が高くなる申し込み方法です。申し込みブラックと見なされると、当分の間、審査で不利になります。この理由は信用情報機関に申し込み情報が登録されるためです。カーローンの審査の際、申し込み回数も確認されます。
 
複数の会社に連続して申し込む人とは、見方を変えると、落とされる要因を持つ人です。こういった人に融資をしたいローン会社はいないでしょう。ですので、申し込みは1社に絞りましょう。無理であれば2社程度にしておいてください。連続で申し込みして審査落ちした人は1ヶ月から3ヶ月ほど様子をみてから申し込みしましょう。
 
5ポイント目は、延滞、他の借金についてです。カーローンに申し込む前に滞納は解消しましょう。他の借金も出来るだけ減らしておきましょう。ベストなのは完済です。ローン関連の履歴をクリーンにして申し込む事で、審査落ちを防ぐ事が出来ますので、必ず実践してください。
 

カーローンの返済について

6ポイント目は返済方式についてです。大きく分けて2種類です。元利均等返済方式元金均等返済方式です。元利均等返済方式のメリットは毎月定額返済である事、デメリットは元金が緩やかに減っていくため、返済金額が大きくなりやすい事です。
 

 
元金均等返済方式のメリットは、確実に元金を減らせる事、デメリットは返済初期の負担が大きい事です。
 
どちらが良いかは人によって異なります。よく吟味してベストな返済方式を選択しましょう。
 
7ポイント目は、返済計画です。車のローンもキャッシング同様、事前に返済計画をちゃんと立てておく必要があります。返済時、転職するかもしれません。怪我や病気で一時的に返済が困難になる可能生も考えられます。こういった状況でも毎月返済できる返済計画を立てましょう。
 
1ポイントから7ポイントまで紹介しましたが、一番重要なのは7ポイントです。完済出来なければ、お金を借りた意味がないためです。返済時の車の名義は、例外もありますがほぼ金融機関名です。返済が滞ると車を取られてしまい、生活に支障をきたしてしまいます。したがって、初めて車のためにお金を借りる人は、7ポイント目の返済計画を特に重要視してください。

 

借入の種類 自動車ローン

18歳から借りれる学生ローンの魅力とチェックポイント~アイシーローン、カレッジ等


スポンサーリンク

借金が出来るのは原則二十歳から

現代の社会では様々なところからお金を借りることができるようになっています。キャッシングやカードローンなどはその最たるものですし、またクレジットカードと言うのも、広い意味で言えば借金の一種でしょう。
 
しかしその大半は「二十歳」という年齢を超えていなくては利用できないとされています。未成年であっても働いている人は多くいますし、また大学生であってもアルバイトでしっかりと収入を得ている人もいるわけですから、これは一見すると不公平なようにも見えることでしょう。
 
ですがこれは何も金融機関が決めたことではなく、法律が決めたことだから避けられないことなのです。現代の日本ではさまざまな法律によって国民の権利を守っていますが、その一つとなっているのが民法です。この民法には個人と法人が契約を結ぶ際の規定などにも触れられており、そこでは「法的に有効な契約を結べるのは二十歳からとする」という規定があります。
 
借金も当然個人と法人の契約に基づく金銭貸借ですから、やはりこの民法がある以上、二十歳にならないとお金は借りられません。ですが絶対にお金を借りられないというわけでもなく、その例外として存在しているのが「学生ローン(学ロン)」なのです。
 
 

学生ローンとは何なのか

ではその学生ローンとは何かと言うと、これはキャッシング業者などが独自に運営しているサービスです。このサービスの中では利用者が未成年であっても一定条件を満たしているのであれば融資が出来るというようにしています。
 
有名な学生ローン(学ロン)
アイシーローン(未成年の借入も可能)
・イー・キャンパス(20歳以上)
・アミーゴ(20歳以上)
・友林堂(20歳以上)
・ベル(20歳以上)
・マルイ(20歳以上)
カレッジ(未成年の借入も可能)
フレンド田(DEN)(未成年の借入も可能)
・トーエイ(20歳以上)
学協(未成年の借入も可能)
 
その一定条件として求められることには幾つかありますが、年齢と言う部分に限ってはほとんどの業者が18歳という年齢をボーダーラインにしていますから、未成年であっても18歳以上であればお金を借りれるのです。法的に有効な契約は二十歳になってからしか結ぶことが出来ないという法律はあるのですが、この部分に関しては「保護者がその契約を承認する」という規定を設けることでクリアしています。
 
学生ローンではほぼ必ず保護者の同意書の提出を求められるのですが、この同意書によって未成年者である学生の契約を可能にしているのです。
 
ただ少々注意をしたいのは、この「学生ローン」という言葉を使っていても全く別の融資があるということです。そのタイプとしては「親の同意が不要で、学生であれば金利などで優遇がある」というものなのですが、これは原則として二十歳になっていないと利用できないものです。
 
そのため自分が利用する場合、検討しているサービスがどちらのタイプなのかしっかり見極めましょう。
 
 

18歳でも借りれる学生ローンの注意点

「18歳でも借りれる学生ローン」には非常に大きな魅力がありますが、しかし契約時にはいくつかのことに注意が必要です。まず最も注意をしなくてはならないのが、その性質上親の同意が必要だということです。
 
同意していることを示すには親の直筆の書面が必要になるのですが、一部ではお金を借りたいということで勝手に同意書を偽造する学生がいます。しかしそれでは法的に有効な契約とは認められなくなってしまいますし、最悪の場合私文書偽造の罪に問われてしまうこともあります。よって契約時には必ず親にいくら借りたいのか、どうして借りたいのかを伝えて同意書を書いてもらうようにしてください。
 
また同様に注意をしたいのが、返済が遅れてしまった場合です。18歳ということだとこれまで業者との借金契約を結んだことも無いという人が多いのですが、金融機関は返済滞納者に対して非常に厳しく接します
 
特に学生ローンの場合は事実上、親が保証人のような立場になるわけですから、万が一返済を滞納すれば親に対して返済が要求されることもあるでしょう。そこでトラブルになっては困ってしまいますから、お金を借りれるということはお金を返さなくてはならないことだとして理解をしておいてください。

 

タグ :

借入の種類 学生ローン お金に関する事情 審査

バイクローンはどこで借入する?バイクローンの審査条件に関する事


スポンサーリンク

低金利のバイクローンなら銀行ローンがおすすめ

銀行のローンは低金利で、いざというときに助かります。銀行のオートローンは、車だけでなくバイクの購入にも使えるのです。バイクローンという名称の商品がなくても大丈夫です。
 
金利はかなり低く抑えられているので、多目的ローンよりもお得です。低金利だと毎月の負担は軽くなりますし、利息も少なく抑えられます。完済までの支払額も少なくなるため、高金利ローンよりも絶対的に有利です。
 
銀行ローンをバイクローンとして使用する場合は、各銀行の商品を比較してから選びましょう。バイクは中型クラスでも50万円はしますし、大型クラスになると100万円超は当たり前です。まとまった金額の借入になるため、1%の金利にこだわるべきです。
 
低金利ローンは審査条件が厳しいのが現実ですが、借りてしまえばあとは同じです。最初は銀行ローンの審査にチャレンジして、それでダメならばカードローンや信販系ローンを検討するとよいです。銀行ローンの審査通過率を高めるには、頭金を多めに用意するのがコツです。
頭金が多いほど借入額は少なくなるため、審査通過率は高くなります。金額が少ないほど借りるのは容易なので、極力多く頭金を用意しましょう。
(⇒金利と融資額はどのような関係があるの?
 

多目的に使えるカードローンで借りる

銀行のオートローンは低金利が魅力ですが、審査に通過するのは容易ではありません。ローン商品というのは金利が低いほど借入条件は厳しく設定されています。逆にいえば、金利が高いほど借りるのは容易というわけです。多目的ローンであるカードローンは、金利は高めに設定されています。銀行の場合ですと、14%台の金利設定になることが多いです。消費者金融は3%くらい銀行より高金利です。
 
バイクローンとしてカードローンを利用する場合の借入先は、消費者金融よりも銀行カードローンが適しています。消費者金融は総量規制の対象となるため、借入額は年収の3分の1に抑える必要があります。120万円の借入をする場合ならば、少なくとも360万円以上の年収は必要となります。銀行カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融では借入できない金額の融資を受けることも可能です。
 
バイクローンの代用として銀行カードローンを利用する場合は、各銀行ローンの金利比較をしておきましょう。消費者金融の場合ですと、どの業者も金利に大差はありませんが、銀行は数%の差は当たり前です。バイクなどの高額な買い物では、3%の金利差は想像以上に大きなものです。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、横浜銀行、スルガ銀行、常陽銀行等のマイカーローンは有名です。
 

バイク屋のローンは好条件なのか?

バイクを購入するとき、バイク屋のバイクローンを利用する方は少なくありません。審査通過率が高いのが特徴で、銀行から借りられない方がよく利用しています。ただし、借りやすい反面、金利が高いというデメリットがあります。具体的な金利については、バイク屋に問い合わせて聞くしかありません。
 
また、バイク屋では複数のローンと提携していることがあり、A社で借りることができない場合、B社、C社と別会社のローンを紹介してくれることもあります。最初は低金利のバイクローンに申し込んで、審査に通過できない場合に少し金利の高いローンに申し込んでいくのが普通です。バイク屋のローンの場合も、高金利なほど借りるのは難しいです。
 
過去にローンの遅延がある、現在すでに他社からの借入がある、といった方は高金利ローンでなければ融資を受けるのは難しいかもしれません。好条件の会社から借りたい方は、頭金を多めに用意することをおすすめします。借入額を少なく抑えておけば、借りられる可能性は高くなります。バイクや車などのローンは、いかに頭金を多く確保できるかがポイントです。頭金の相場は車両価格の2割程度ですが、多ければ多いほどいいです。

 

タグ : 

お金に関する事情 審査 借入の種類 自動車ローン

知っておきたい!キャッシングの借り換え~銀行カードローンでの借換は低金利でいい


スポンサーリンク

金利を見直す事でお得なキャッシング

最近は低金利時代と言われているのですが、金利が1%違うとどれだけ利息が変わるのかを知っておくことはキャッシングを利用する人は必須と言えます。
 
50万円を金利18.0%と17.0%で借りた場合の1年間の利息は次のようになります。

50万円を金利18.0%で借りた場合の30日間の利息は、50万円×18.0%÷365日×30日=7,398円
金利17.0%で借りた場合は、50万円×17.0%÷365日×30日=6,987円

 
この二つの差額は、7,398円-6,987=411円と言った金額になりますが、これは30日分の利息ですので、1年に換算すれば簡易的な計算では411円×12か月=4932円の違いが生じることになるわけです。これは僅か1.0%の金利の差によるものとなりますので、金利の差が多くなるほど利息にも影響を及ぼす事になります。
(⇒キャッシングの利息の計算方法
 
現在キャッシングを利用している人の中には借り換えを利用して利息を減らしている人も多くいるのですが、現在のキャッシングの金利よりも、借り換え専用ローンの金利が低くなることで利息分を減らすことが出来るので月々の返済額を減らせるのです。
 
 

キャッシングの審査と年収について

キャッシングの申し込みをする時には必ず審査が行われますが、10万円や20万円と言った金額の場合などでは年収による審査は行われません。一般的に消費者金融の場合は、50万円を超える申し込みと、借金の総額と借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合は総量規制の対象になるため、年収証明書の書類が必要になります
 
また、銀行の場合は総量規制対象外となりますが、300万円を超える場合など提出が必要な場合が在りますので、利用する時には事前に確認をしておいて、必要に応じて提出出来るようにしておく事がお勧めです。
 
因みに、みずほ銀行カードローンは200万円まで、プロミスは50万円まで、原則収入証明は不要です。
 
尚、本人確認書類や年収の証明書類を事前に用意しておくことで、申し込みから審査、そして融資の実行までを短時間で済ませることが出来るので、即日融資も可能になるのです。
 
例えば、平日の午後2時までに必要書類を送付する事で、その日の内にキャッシングの利用が可能になるケースが多く在り、急にお金が必要になった時などでも即日融資を受けることが出来ると言ったメリットが有りますし、借り換えの場合でも、即日融資を受けることで、早期の段階で借金を返済する事が可能になるため、利息を減らせると言ったメリットが有るわけです。
 
 

借り換えのタイミングとコツについて

借り換えを行うタイミングは早い時期に行えば行う程効果を期待出来ます。
 
100万円の借金の金利が14.8%、借り換えローンの金利が13.5%だとすると、14.8%の金利では1か月あたりの利息は12,165円、13.5%では11,096円であり、1年間での差額は(12,165円×12か月)-(11,096円×12か月)=12,828円となるわけですので、一日でも早く借り換えを利用した方が利息分を減らせるわけです。
 
借入をする場合は金利の低いローンを探すことが大切で、消費者金融や銀行などの金利を比較をして現在の借金の金利よりも低いローンを利用する事がコツです。
 
因みに、消費者金融には総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える貸付は行われていません。借金の総額が既に1年間の収入の3分の1を超えている場合は、審査に通る事は出来ないと言う事でもあるのです。
 
しかしながら、貸金業法の中には例外での貸付が認められており、自分の1年間の収入の3分の1を越えている額でも金利が安いローンを利用する事で利用する側は一方的に有利になることからも、自分の1年間の収入の3分の1を超えている場合でも利用出来ます。

 

タグ : 

借入の種類 借り換えローン お金に関する事情 金利