キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

個人事業主はORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)でお金を借りては?運転資金やつなぎ融資など


ORIX CLUB CARDは個人事業主向けローンです

ORIX CLUB CARDは、オリックスクレジット株式会社の個人事業主向けのカードローンです。個人向けローンの中には利用使途が自由となっていても、事業性資金としての使用が認められない事がありますが、ORIX CLUB CARDの場合は個人事業主向けのローン商品であり、運転資金やつなぎ融資としての利用が可能になっています。
 
個人事業主は法人の会社と異なり、運転資金を金融機関から借りたくても、信頼性を重視する銀行などの場合は融資をしてくれない事もあります、融資を受けられるまでに時間を要する事も在ります。
 
尚、ORIX CLUB CARDは1万円から最大で500万円までお金を借りる事が出来ますが、個人事業主などの場合、売り上げが入金されるまでの間の運転資金、融資を受けるまでのつなぎ融資が欲しい時など、ATMを利用して現金を引き出して利用を行ったり、指定の口座に資金を振り込むなども可能になります。
 
運転資金、つなぎ融資が必要になった時など、契約を交わしておけばいつでも利用出来る安心感を得られます。
 
 

申し込みが可能になるのは個人事業主のみ

オリックスクレジット株式会社のORIX CLUB CARDは、最低一万円から利用可能で、最高500万円までの融資を受ける事が出来る個人事業主のカードローンで、オリックスクレジット株式会社と言うのは、オリックスレンタカー等を擁しているオリックス株式会社の完全子会社になります。
 
(参考)オリックスグループサイト
http://www.orix.co.jp/grp/
 
知名度も高いクレジットカード会社になりますが、このカードローンを利用出来るのは個人事業主のみで、アルバイトやパートをしている人は利用する事が出来ません。しかし、個人事業主であれば誰もが利用出来るわけではなく、お金を借りる時には所定の審査を受ける事になります。
 
借金を持っている場合など、借りる事が出来る金額が少なくなることもありますし、個人信用情報の中に延滞などの問題点が記録されていれば審査に通ることは難しくなります。尚、個人信用情報は信用情報機関が管理をしている信用情報であり、現在国内には3つの機関があり、銀行、信販会社、消費者金融などは異なる機関に登録をしています。
 
 

保証会社の保証を受けるのが条件です

ORIX CLUB CARDはスピーディーな対応をしてくれる個人事業主向けのカードローンで、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどからの申し込みが24時間いつでも可能になっています。
 
また、金利も6.0%~17.8%と言った具合に低金利ローンですし、審査時間も最短で60分解り、利用可能となった場合は契約を速やかにかわす事で即日融資も可能です。また、保証人や担保が不要になっているので、資金繰りに困っている時など役立つ存在になってくれます。
 
尚、審査はオリックスクレジット株式会社だけではなく、保証会社になっている新生フィナンシャル株式会社も行うことになるのが特徴です。また、申請フィナンシャル株式会社はレイクや地方銀行のカードローンの信用保証も手掛けているため、新生フィナンシャル株式会社が保証を行っているローンで金融の中での事故を行っていると、審査に通る確率は低くなることになるので注意が必要です。

 

借入の種類 ビジネスローン

即日融資法人緊急~今すぐ融資は基本無理?数日間は待つ必要はある


融資の方法を見極めることが必要

法人事業を運営していくという際にはさまざまな局面で資金が必要になるものです。
 
大きな物で言えば設備投資などが必要になるでしょうし、また毎月かかるもので言えば従業員への給与支払いなどもあるでしょう。そうした投資・支払いに関しては常に手元に資金が必要になりますが、しかし手元に常に必要なだけの資金があるとは限りません。
 
特に問題になるのが大きな取引が完了した後で、実際にその代金の支払いが先になるというような場合には「今を乗り切りさえすればなんとかなる」というような状況です。大きな取引をこなすためにはそれなりに手元の資金を使うことが少なくありません。
 
例えば工場で作った部品を大量に買ってくれる業者が出てきたというような場合、その原材料を買うのに資金を費やし、従業員の力で部品に加工し、そしてそれを売却して、最終的にはその代金を受け取るということになります。
 
しかし原材料の買い付けから実際にお金になるまでは時間がかかることの方が多いわけですから、そうしたタイムラグを乗り切るための融資を知っておくということが必要になるわけです。
 
融資の方法としてはいくつかありますが、その中でもピンチを乗り切れるスピーディーなものが「即日融資」と呼ばれるタイプです。
 
 

即日融資は法人事業でも使えます

即日融資と言うと多くの人はカードローンやキャッシングを連想することでしょう。
>>よく聞く「キャッシングサービス」ってなんのこと?~当日中にお金を借入れるサービス
 
しかしこれらの融資はどれも「消費目的融資」として分類されるもので、事業に関しては利用することが出来ません。これは何も嫌がらせの為などではなく、事業に関しては必要な金額(大口融資)が多いこと、そして安定して返済できる可能性が消費目的に使用される時ほど高くないからという根拠があります。
 
当然、審査は事前にするものであり、実際の借り入れに際しては、過去の融資のデータを用いるため、事業のように手元の資金が大きく増減する可能性がある相手には「状況が常に変化する」という理由があるために融資しづらいというのも根拠になるでしょう。
 
しかし、それはあくまでも消費目的の融資としているからで、最初から融資が事業目的としており、法人事業で用いられることを想定して審査などを行えばある程度カバーできるものなのです。
 
そしてそのために生まれたものが「ビジネスローン」などの即日融資であり、現在ではさきほどのような給与支払いなど一時的な借入のように一時的な借入、つなぎ融資として非常に活躍するようになっているのです。
 
活用できればキャッシュフローの効率化に役立つため、法人事業を営んでいるのであれば知っておきたい融資です。
 
 

ピンチの時に即日融資をしてもらうためのポイント

とはいえ通常のキャッシングやカードローンなどの即日融資と同様に事前の審査を受けなくてはならないということには注意が必要です。
 
特にビジネスローンとして銘打っているものだと銀行融資ほどではないにしろそれなりに書類も必要ですから、ピンチになってから申込みをしても融資をしてもらえないというようなこともあり得ます。
 
そのため本当に即日融資、お金が必要な時に必要なだけ借りられるというようにしておくには、ピンチになるよりも先に審査を受けておくべきであるということになります。

審査時間比較

・出光クレジットの事業者向け不動産担保ローン(最短5日)
・アーバンフリーローン(不動産担保型)(3日程度)
・アサックスの不動産担保ローン【事業者向け】(最短1日)
・SAIS◎Nのローン百選 事業者向け 『不動産担保ローン』(最短3日)
・長期間元金据置プラン(MRFの個人事業主・法人向けローン)(最短即日)
・紀陽銀行 紀陽オーナー300(最短即日)
・ビジネクスト 診療報酬債権ローン(2日程度)
 
また注意をしたいのが、こうした即日融資は貸し倒れリスクなど回避のために金利がかなり高く設定されていることが多いということです。そのため最初の方で述べた「給与支払」に関しては問題なく活用できるのですが、設備投資のように一度に何百万、何千万という金額がかかるようであればビジネスローンは向いていないということに注意が必要です。
 
借り入れるのは短期間として考え、手元にお金が入ってきたのであればすぐに返済するというように考えておくことがベストでしょう。
 
ただそうした使い方が主になるとはいえ選択肢の一つとしてあるとかなり経営を楽にすることができますから、法人経営に乗り出すのであればまさに必携と言える存在です。

 

借入の種類 ビジネスローン