キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

住宅ローン審査とカードローンの関係~お金を借りる審査


住宅ローンはカードローンに残高があると影響がでる

マイホームを買うことは人生においてとても大きな買い物なので、慎重にならなければいけません。マイホームを買う場合は、全額資金を用意できる人はあまりいないので、どうしても住宅ローンを組むことになります。
 
住宅ローンを組むには銀行の厳しい審査に通る必要があります。年収や勤続年数などの条件をクリアしたうえで、住宅ローン以外の借入があるかも厳しく調べられます。消費者金融や銀行のカードローンから借入をした場合は、借入総額なども正確に申告する必要があります。
 
借りたローンは完済しておくことは大事ですが、カードの解約をしておかないと、住宅ローンを断られる可能性があります。なぜなら銀行は、他社のローンの借入残高よりも、他社の融資限度額を重要視します。借りれ残高が0円でも、融資限度額が100万円ならば、100万円を借入残高として計算します。できるだけ必要のないカードは解約しておく必要があります。
 
他社からの借入があった場合でも、しっかり完済していれば、住宅ローンには影響があまりないですが、返済遅延などを多くおこしている場合は、気をつけなければいけません。キャシングの遅延だけでなく、通販などの遅延がある場合も注意が必要です。
 
 

カードを解約してから住宅ローンに申込む

突然のアクシデントでまとまったお金が必要になることもありますが、そんな時に頼りになるのがカードローンです。誰にも迷惑をかけなくても自己責任でお金を借りることができるので、とても助かります。限度額以内なら何度でも追加融資を受けることができますが、限度額を高くしすぎると住宅ローン審査に影響が出るので注意が必要です。
 
なぜなら住宅ローンは、申込者の返済能力を慎重に調べるからです。どこに勤務してどのくらいの収入があるかなども厳しくチェックしますが、それと同時に他社からの借金も厳しくチェックします。住宅ローンにどうしても通りたいからと、他社からの借金をごまかして申告しても、個人信用情報機関で履歴が残っているのですぐに借入状況がバレてしまいます。
 
嘘の申告をすると、この人は信頼できないと思われ住宅ローンに通らなくなります。他社の借入は完済しているから問題ないと思っている人もいますが、解約しない限りは限度額を借入残高として計算するので、ローンを完済しても借入残高があると判断され、住宅ローンの借入額も少なくなってしまいます。ローンを完済したら、カードを解約してから住宅ローンに申込むことが大事です。
 
 

住宅ローンに通らない原因

マイホームは欲しいけど、住宅ローン審査になかなか通らないという人もいます。そういう人は返済能力に問題があるケースが多いです。カードローンに複数契約しているだけでも、住宅ローンに通らないこともあります。銀行は借入残高がなくても、融資限度額を調べるので、融資限度額が300万円だと、すでに300万円の借入残高があるのと同じことになります。
 
銀行のカードローンを利用しているからといって、住宅ローン審査に大きく影響することはありません。住宅ローンを組むことで、金利を低くする銀行もあるので上手に利用するといいでしょう。住宅ローン審査は収入が不安定の場合は、不利になります。収入が決して多くなくても、毎月決まった額が入ってくる方が住宅ローンに通りやすいです。
 
過去に返済の遅延があった場合もかなり不利になります。自分は過去にキャシングやクレジットカードの支払いの遅延はないから大丈夫だと思う人もいますが、携帯電話や通販などの支払い延滞があっただけでも、個人信用情報機関に履歴が残るので、返済能力が低い人と思われ、住宅ローンに通らなくなります。金融事故の原因を担当者に説明したり、今後金融事故をおこさない対策を書いて提出すると住宅ローンに通ることもあります。

 

借入の種類 住宅ローン