キャッシング即日

キャッシング即日融資~今すぐキャッシングしたい人向けの金融まとめ

携帯電話料金の滞納や連帯保証人になってる場合、自動車ローンの審査に影響するの?


同居人の信用情報のせいで審査落ちすることってある?

自動車を購入するときに、現金で一括購入する人はあまりいません。自動車ローンはそれほど金利も高くないので、ほとんどの人がローンを組んで分割払いで自動車を購入します。
 
しかし、「自動車ローンの審査に申し込んだら、落ちてしまった。自分は収入もあるし、過去に延滞をしたこともないのに・・・」ということがあります。こんなときは、もしかしたら同居人の信用情報などが原因になっているかもしれません。
 
もちろん、信用情報を照会するためには本人の同意が必要になるので、原則として同居人の信用情報が見られることはありませんが、稀に信用情報を照会したときに同居人の信用情報が出てくることがあります。このときに、同居人に過去に任意整理や自己破産をした記録があると、自動車ローンの審査に落とされる原因になります。
 
また、そのような同居人の連帯保証人になっている場合には、完全につながりがあるということになり、自動車ローンが借りられないということになってしまいます。
 
 

携帯電話の料金で滞納をしていませんか?

同居人の信用情報が影響することがあるとはいっても、その可能性はごくわずかです。基本的には、本人以外の信用情報が見られることはありません。過去に延滞などをしたことがないのに自動車ローンが組めないという人に多いのが、携帯電話の料金の滞納です。公共料金や電話の通話料金に関しては、延滞をしても信用情報に傷がつくことがないので、「止められる前に支払えばいい」と思っている人が意外にも多いようです。
 
しかし実は、携帯電話の料金の滞納で信用情報に傷がつくケースがあります。それは、電話料金の中に、携帯本体の割賦払いローンが含まれているケースです。携帯本体の割賦払いはローンなので、延滞をすると信用情報に傷がつくうえ、もしもその延滞が3ヶ月以上続いたら金融事故となっていわゆるブラックリストに載った状態になります。
 
過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがないという人も、携帯料金で延滞をしていなかったかを考えてみましょう。
 
 

他に原因がないかを考えてみる

「自動車ローンの審査は甘いのでだれでも通る」という噂があります。しかし、このような噂を鵜呑みにしてはいけません。自動車ローンには、金利が1%~3%程度の銀行のものと、金利が4%~8%程度の信販会社のものがありますが、当然銀行の自動車ローンは審査が厳しくなっています。
 
また、いくら年収が高くて、過去に一度も延滞をしたことがないという人でも、他に多額の借金がある場合にはそれ以上はお金を借りることができない場合があります。例えば、年収が1000万円あるという人でも、銀行から借りられるのはせいぜいその半分の500万円程度だと言われています。
 
自動車ローンでは車を担保に入れますので、それ以上の金額を借りられることもありますが、事故で車が壊れてしまう可能性もあるので、そこまで大きく金額が上がるわけでもありません。生活にはまだまだ余裕があっても、すでに年収の半分程度を他社から借りている場合には、自動車ローンを組むのは難しいかもしれません。

 

借入の種類 自動車ローン

カードローンでキャッシングしてる時、マイカーローンの審査は通るの?


ローンの利用使途について

自動車を購入する場合は、一括で購入する方法、マイカーローンやリースを利用する方法などがあります。一括で購入するためには貯金をしなければなりませんし、自動車は高額な事からも、一括購入をするよりもマイカーローンを利用して購入するケースが多くあります。
 
因みに、自動車が欲しいけれども、それほど利用頻度が多く無い場合などでは、維持費だけが多くかかる事になり不経済な状態になるため、レンタカーを利用したり、カーシェアリングを利用する事で無駄な維持費を節約する事も出来ますが、ある程度利用頻度がある場合は、レンタカーやカーシェアリングを利用するよりも、購入した方が経済的になるなど、利用頻度に応じて借りるのか、それとも購入するのかと言った選択肢が出て来ることになります。
 
尚、自動車を購入に利用するローンの事を、マイカーローンなどと呼ばれていますが、マイカーローンは自動車購入のみに利用できるローンと言う特徴があります。
 
これに対して銀行や消費者金融などの個人向けローン商品にカードローンがありますが、これは利用使途が原則自由になっており、買い物や旅行など様々な用途に利用する事が出来ると言った特徴があります。
 
 

自動車を購入する時のローンの種類

自動車購入を目的としたマイカーローンは比較的借り易いと言われています。しかし、カードローンを利用している場合、マイカーローンを簡単に利用する事が出来るかどうかは別の話です。借金がある事で審査の時に影響が起きますし、借入件数は多くなるほど不利になります。
 
また、審査は信用を中心にして行うことになるので、複数の借金をしているなど、お金を多数から借りている状態では審査に通らない事もあります。マイカーローンにはディーラーのローンがありますが、金利は高めではありますが、審査などもスピーディーに行われますし、手続きはディーラーが代行するので手軽に利用出来ると言ったメリットもあります。
 
一方で、銀行のマイカーローンの場合は、金利は低いものの、全ての手続きを自ら行う必要が有りますし、融資が実行されるかどうかは1週間ほど待つケースもあります。そのため、使い易いで言えばディーラーのカーローンの方が借りやすいと言う事になるわけです。
 
尚、金利が高くなることで返済時に含まれている利息分も多く支払う事になるので、最初に銀行のマイカーローンを申し込んでみて、銀行のマイカーローンが駄目な時はディーラーのローンを利用すると言う形で申し込みをするのがお勧めです。
 
 

カードローンを利用しているけれどもマイカーローンは通るか

カードローンは利用限度額の中で繰り返しお金を借りる事が出来る個人向けローンで、契約を交わす事でATMを利用していつでも現金を引き出してお金を利用する事が出来ます。また、使い道は自由と言う事からも、買い物をする時、家具や家電品の購入資金、旅行に出掛ける時の旅費や結婚式、引越など様々な用途で利用する事が出来るようになっています。
 
しかも、利用限度額の範囲内で繰り返し利用出来るので、契約だけをしておいていざと言う時に利用したい人も多くいます。尚、カードローンを利用している人が、自動車を購入する時に利用出来るマイカーローンを利用する事が出来るのか気になる所です。
 
そもそもマイカーローンと言うのは自動車を購入する目的で融資を受けるものであり、利用する場合には担保というものが必要になります。
マイカーローンにおける担保と言うのは、マイカーそのものであり、万が一、ローンの返済が出来なくなった場合は、担保にしている自動車そのものを処分する形になるわけです。
 
これに対して個人向けのローンと言うのは、基本的に担保が要りませんので、申し込みをする人の収入や信用情報などを加味して、融資を行っても大丈夫なのかと言ったことを審査すると言う特徴があります。

 

借入の種類 自動車ローン

初めてカーローン(自動車ローン)を申し込む前に知っておきたい7ポイント


カーローンの金利について大まかに理解する

初めてカーローンに申し込む前に金利について学びましょう。
 
1ポイントは金利についてです。金利とは借りたお金の使用料、手数料といった意味合いです。したがって、金利が低いほど借り手は返済時に有利となります。

金利比較

・十八銀行 車快人(2.000%~3.300%)
・中国銀行 ちゅうぎんマイカーローン(1.950%~4.000%)
・トマト銀行(1.950%~3.150%)
・静岡中央銀行 しずちゅうCSオートローン(1.850%~5.000%)
・仙台銀行(1.650%~4.800%)
・横浜銀行(2.100%~3.900%)
・住信SBIネット銀行 MR.(ミスター)自動車ローン(2.180%~4.366%)
・千葉興業銀行 ちば興銀マイカーローン(2.200%~2.900%)
・東京都民銀行 マイカーローンII(2.350%~3.050%) 
 
2ポイント目は金利の種類です。カーローンでは金利のタイプが2種類あります。固定型変動型です。固定型は金利が一定、変動型は将来金利が変動すれば、それに応じた金利を元に支払いを行うシステムです。国内の金融政策を鑑みて今後インフレが進むと考慮するなら固定が有利と見なせます。今後金利が下がると判断される場合、変動タイプが良いかもしれません。
 
3ポイント目は金利に絡みやすい手数料についてです。カーローンの中には、過度に低金利を謳っている商品もあります。しかし、実際にローン商品の中身を吟味すると、多くの手数料を支払う必要があるケースが多々あります。金利が低くても他に支払う手数料、保証料が多くては意味がありません。
 
初めての人は、目先の金利だけに注目するのではなく、トータルで金利が低いのかどうかを判断しなければいけません。ローン商品の中身を確認するのは面倒かもしれませんが、後の返済に影響しますので、必ず押さえておきたいポイントと言えます。
 
 

初めてカーローンに申し込むなら審査についても理解を深める

4ポイント目はカーローンの審査についてです。初めて融資を受ける人は必ず理解しておくべきです。ズバリ結果から言いますと、審査落ちが怖いからといって、複数の会社へ連続して申し込むのは避けてください。1週間で4社、5社へ申し込みしても審査に通るとは限りません。
 
どちらかと言えば、審査に落とされる確率が高くなる申し込み方法です。申し込みブラックと見なされると、当分の間、審査で不利になります。この理由は信用情報機関に申し込み情報が登録されるためです。カーローンの審査の際、申し込み回数も確認されます。
 
複数の会社に連続して申し込む人とは、見方を変えると、落とされる要因を持つ人です。こういった人に融資をしたいローン会社はいないでしょう。ですので、申し込みは1社に絞りましょう。無理であれば2社程度にしておいてください。連続で申し込みして審査落ちした人は1ヶ月から3ヶ月ほど様子をみてから申し込みしましょう。
 
5ポイント目は、延滞、他の借金についてです。カーローンに申し込む前に滞納は解消しましょう。他の借金も出来るだけ減らしておきましょう。ベストなのは完済です。ローン関連の履歴をクリーンにして申し込む事で、審査落ちを防ぐ事が出来ますので、必ず実践してください。
 

カーローンの返済について

6ポイント目は返済方式についてです。大きく分けて2種類です。元利均等返済方式元金均等返済方式です。元利均等返済方式のメリットは毎月定額返済である事、デメリットは元金が緩やかに減っていくため、返済金額が大きくなりやすい事です。
 

 
元金均等返済方式のメリットは、確実に元金を減らせる事、デメリットは返済初期の負担が大きい事です。
 
どちらが良いかは人によって異なります。よく吟味してベストな返済方式を選択しましょう。
 
7ポイント目は、返済計画です。車のローンもキャッシング同様、事前に返済計画をちゃんと立てておく必要があります。返済時、転職するかもしれません。怪我や病気で一時的に返済が困難になる可能生も考えられます。こういった状況でも毎月返済できる返済計画を立てましょう。
 
1ポイントから7ポイントまで紹介しましたが、一番重要なのは7ポイントです。完済出来なければ、お金を借りた意味がないためです。返済時の車の名義は、例外もありますがほぼ金融機関名です。返済が滞ると車を取られてしまい、生活に支障をきたしてしまいます。したがって、初めて車のためにお金を借りる人は、7ポイント目の返済計画を特に重要視してください。

 

借入の種類 自動車ローン

バイクローンはどこで借入する?バイクローンの審査条件に関する事


低金利のバイクローンなら銀行ローンがおすすめ

銀行のローンは低金利で、いざというときに助かります。銀行のオートローンは、車だけでなくバイクの購入にも使えるのです。バイクローンという名称の商品がなくても大丈夫です。
 
金利はかなり低く抑えられているので、多目的ローンよりもお得です。低金利だと毎月の負担は軽くなりますし、利息も少なく抑えられます。完済までの支払額も少なくなるため、高金利ローンよりも絶対的に有利です。
 
銀行ローンをバイクローンとして使用する場合は、各銀行の商品を比較してから選びましょう。バイクは中型クラスでも50万円はしますし、大型クラスになると100万円超は当たり前です。まとまった金額の借入になるため、1%の金利にこだわるべきです。
 
低金利ローンは審査条件が厳しいのが現実ですが、借りてしまえばあとは同じです。最初は銀行ローンの審査にチャレンジして、それでダメならばカードローンや信販系ローンを検討するとよいです。銀行ローンの審査通過率を高めるには、頭金を多めに用意するのがコツです。
頭金が多いほど借入額は少なくなるため、審査通過率は高くなります。金額が少ないほど借りるのは容易なので、極力多く頭金を用意しましょう。
(⇒金利と融資額はどのような関係があるの?
 

多目的に使えるカードローンで借りる

銀行のオートローンは低金利が魅力ですが、審査に通過するのは容易ではありません。ローン商品というのは金利が低いほど借入条件は厳しく設定されています。逆にいえば、金利が高いほど借りるのは容易というわけです。多目的ローンであるカードローンは、金利は高めに設定されています。銀行の場合ですと、14%台の金利設定になることが多いです。消費者金融は3%くらい銀行より高金利です。
 
バイクローンとしてカードローンを利用する場合の借入先は、消費者金融よりも銀行カードローンが適しています。消費者金融は総量規制の対象となるため、借入額は年収の3分の1に抑える必要があります。120万円の借入をする場合ならば、少なくとも360万円以上の年収は必要となります。銀行カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融では借入できない金額の融資を受けることも可能です。
 
バイクローンの代用として銀行カードローンを利用する場合は、各銀行ローンの金利比較をしておきましょう。消費者金融の場合ですと、どの業者も金利に大差はありませんが、銀行は数%の差は当たり前です。バイクなどの高額な買い物では、3%の金利差は想像以上に大きなものです。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、横浜銀行、スルガ銀行、常陽銀行等のマイカーローンは有名です。
 

バイク屋のローンは好条件なのか?

バイクを購入するとき、バイク屋のバイクローンを利用する方は少なくありません。審査通過率が高いのが特徴で、銀行から借りられない方がよく利用しています。ただし、借りやすい反面、金利が高いというデメリットがあります。具体的な金利については、バイク屋に問い合わせて聞くしかありません。
 
また、バイク屋では複数のローンと提携していることがあり、A社で借りることができない場合、B社、C社と別会社のローンを紹介してくれることもあります。最初は低金利のバイクローンに申し込んで、審査に通過できない場合に少し金利の高いローンに申し込んでいくのが普通です。バイク屋のローンの場合も、高金利なほど借りるのは難しいです。
 
過去にローンの遅延がある、現在すでに他社からの借入がある、といった方は高金利ローンでなければ融資を受けるのは難しいかもしれません。好条件の会社から借りたい方は、頭金を多めに用意することをおすすめします。借入額を少なく抑えておけば、借りられる可能性は高くなります。バイクや車などのローンは、いかに頭金を多く確保できるかがポイントです。頭金の相場は車両価格の2割程度ですが、多ければ多いほどいいです。

 

タグ : 

お金に関する事情 審査 借入の種類 自動車ローン